ホンダの「6速MT×ターボ」どんな人が買う? 「反転TURBOステッカー」も設定! 200万円で買える「軽」とは

ホンダの軽自動車に「6速MT×ターボ仕様」があります。どのようなユーザーが興味を示しているのでしょうか。

懐かしい…「反転TURBOステッカー」が設定された軽とは

 ホンダには人気軽自動車ラインナップとして「Nシリーズ」が存在します。
 
 なかでも最もスポーティなのが「N-ONE」のRSグレードですが、どのようなユーザーが興味を示しているのでしょうか。

ターボ×6速MT採用のホンダ「N-ONE」は、復活の「反転TURBOステッカー」も設定!
ターボ×6速MT採用のホンダ「N-ONE」は、復活の「反転TURBOステッカー」も設定!

 同社初の軽乗用車「N360」をデザインモチーフとした初代N-ONEは、2012年に登場しました。

 その後2020年に登場した2代目は、初代の「丸・四角・台形」という基本デザインをそのままに安心感と走る楽しさを感じられるデザインを追求。

 細かな部分ではバンパーやグリルを垂直に立てつつバンパー下部を踏ん張り感のあるデザインとすることで前進感を演出しています。

 一方の内装は、水平基調な形状のインストルメントパネルを採用。充電用USBジャックや各種収納も使いやすい位置にレイアウトしています。

 パワートレインは、2つのエンジン(自然吸気とターボ)にCVTまたは6速MT(RSグレードのみ)を組み合わせています。

 タイプは「Original」、「Premium」、「Premium Tourer」、「RS」を用意し、日常の買い物からサーキットまで幅広く使えるのも特徴。

 またワンメイクレース「N-ONE OWNER’S CUP」が開催されるなど、クルマ好きからも注目される1台です。

 そんなN-ONEですが、どのようなユーザーが興味を示しているのでしょうか。首都圏のホンダ販売店は次のように話しています。

「N-ONEは、日常の買い物などに使うクルマとして若年層から年配層まで幅広く支持されています。

 一方で現行モデルからMT車が設定されたことで、走りが好きな人などからの問合せもあります」

 また関西圏のホンダ販売店は次のように話しています。

「丸目の可愛らしいデザインを採用しているため、女性層からの人気もあるクルマです。

 一方でRSはターボ×6速MTのスペックやアクセサリーに反転したTURBOステッカーが用意されるなど、というクルマ好きの心を掴む仕様となっています」

※ ※ ※

 反転TURBOステッカーは、かつてクルマ好きの間で流行ったステッカーチューニングのひとつです。

 その後、2代目登場時にホンダアクセスから純正アクセサリーとして販売され、話題となりました。

 なおN-ONEの価格は、Origina(FF)の166万2100円からPremium Tourer(4WD)の208万5600円です。

【画像】「えっ…!」これが「軽ターボMT仕様」です。(22枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. えっ!?ホンダガソリンエンジン止めるんじゃなかったの?

  2. これ買うならs660乗った方が幸せになれそう。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー