トヨタが「”凄い”セリカ」実車展示! めちゃ懐かしい「私をスキーに連れてって」仕様?「しょせん、四駆の敵じゃないね」とオジサンも歓喜!?

TOYOTA GAZOO Racing(トヨタガズーレーシング)が2024年2月に開催したイベントで、復活の噂も聞かれる「セリカ」に、1980年代のヒット映画「私をスキーに連れてって」で活躍したモデルを復刻したレプリカを出展し、話題を呼びました。

ST165型「セリカGT-FOUR」の超有名モデルを再現!?

 ここ最近、SNSなどを中心にトヨタのスペシャリティクーペ「セリカ復活」の噂が流れています。
 
 そんななか、TOYOTA GAZOO Racing(トヨタガズーレーシング:以下TGR)が主催するイベントで、セリカの“レプリカ”モデルを出展され話題を呼びました。どのようなクルマなのでしょうか。

TGR雪上試乗イベント会場に展示された「わたスキ」レプリカの「セリカGT-FOUR(ジーティーフォー)」(ST165型)
TGR雪上試乗イベント会場に展示された「わたスキ」レプリカの「セリカGT-FOUR(ジーティーフォー)」(ST165型)

 セリカは1970年に誕生したクーペモデルで、洗練されたデザインなどが若者を中心に支持を集め「スペシャリティカー」というジャンルを創造した草分け的存在です。

 本格的なスポーツカーとは一線を画す存在でしたが、一方で優れた運動性能も確保し、世界ラリー選手権(WRC)などに代表されるモータースポーツ界で華々しい活躍もしていました。

 初代から3代目まではFR(後輪駆動)だったセリカですが、1985年登場の5代目(通称「流面形セリカ」)からはFF(前輪駆動)に刷新。

 翌1986年10月には、セリカ初のフルタイム4WD(四輪駆動)仕様の「セリカGT-FOUR(ジーティーフォー)」(ST165型)が誕生しています。

 パワートレインは、高性能な2リッター直列4気筒DOHCターボを搭載し、このセリカをベースにWRC(世界ラリー選手権)にも参戦して好成績を残しました。

 その後セリカは、7代目モデルが2006年に販売を終了して以来、今も絶版モデルとなっています。

 2024年2月に苗場スキー場(新潟県)で開催された、4WDスポーツモデル「GRヤリス」や「GRカローラ」のTGR雪上試乗イベント会場には、ST165型セリカGT-FOURをベースにしたレプリカモデルが展示され、注目されました。

 しかしGRヤリスなどのイメージにも通じるWRC仕様ではなく、映画「私をスキーに連れてって(以下、わたスキ)」仕様という珍しいレプリカとなっており、これが当時を知る世代を中心に熱い視線を集めたのです。

 わたスキといえば、原田知世の主演で1980年代に大ヒットした映画です。

 タイトルの通り、スキーにまつわる作品ですが、当時の若者たちのファッションなどが見事に反映されており、アマチュア無線機や防水カメラ、最新のスキー板、スキーウェアなどがオシャレな使い方とともに劇中で存分に紹介されているのも、バブル景気に向かう時代の空気を感じさせてくれます。

 そうした映画のシーンを彩る重要なアイテムのひとつとして、わたスキでは「クルマ」が大きな役割を果たしていたのもポイントでした。

 有名なのは、クライマックスシーンで「凍ってるね」の名セリフとともに、長野県の志賀高原から群馬県の万座まで、雪道やスキー場のゲレンデを、白いセリカGT-FOURがところ構わず爆走するシーンでしょう。

 ラリードライバー顔負けの、といってもスタントマンはラリードライバーだったようなので当然ですが、新車なのに大丈夫!? と観ている人が心配になるくらい、激し過ぎる走りを魅せてくれます。

 最新式の4WDスポーツカーが雪壁にぶつかりながらターンしたり、大ジャンプを魅せたり、最後には勢い余って横転してしまうのですから衝撃的でした。

 今なお話題にのぼるほどカッコいい、わたスキ屈指の名シーンですが、実はセリカGT-FOURの見せ場はここだけではありません。

【画像】「えっ…!」これが次期トヨタ「セリカ」!? 画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. 画像にST205が除かれているのは意図的なのでしょうか?歴代セリカGT-FOURを乗り継いできたユーザーとしては遺憾に感じます。

  2. 本当の初代セリカ・リフトバックは,ドアの後ろにある 車名が イタリックだった筈。 だからこの写真は リフトバックとして 2,3 年後のモデル。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー