小林可夢偉とモリゾウが鈴鹿サーキットでコラボ!? 水素自動車から生まれるコーヒー&ドーナツを実際に味わってみた

2024年3月9日から10日の2日間、「スーパーフォーミュラ」と「MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ」の開幕戦「NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4レース」が鈴鹿サーキットで開催されました。そのイベント会場で特に注目されたのが「Kids com KCMG × ROOKIE Racing」のコラボブースで提供されたコーヒーとドーナツです。

水素の力で作った、こだわり満載の可夢偉コーヒーとモリゾウドーナツ

 2024年3月9~10日の2日間、三重県にある鈴鹿サーキットで「スーパーフォーミュラ」と「MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ」の開幕戦「NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4レース」が開催されました。

 国内最高峰の2輪と4輪の開幕戦がおこなわれるということで、時折雪も舞う厳しい寒さのなか、会場である鈴鹿サーキットには多くのモータースポーツファンが足を運びました。

鈴鹿サーキット「Kids com KCMG × ROOKIE Racing コラボブース」の様子
鈴鹿サーキット「Kids com KCMG × ROOKIE Racing コラボブース」の様子

 レースと合わせて鈴鹿サーキットのGPスクエア内の「SF NEXT50 ヴィレッジ」ではさまざまなイベントが開催されていましたが、そのなかのひとつが小林可夢偉選手と今年からチームに加わった福住仁嶺選手が所属する「Kids com Team KCMG」チームのブース「carrozzeria × Kids com Team KCMG ラウンジ」です。

 ブース内では、カロッツェリアの「サイバーナビ」「楽ナビ」「ディスプレイオーディオ」「スピーカー」などの最新製品や、パイオニア「NP1」の実機展示、さまざまなカロッツェリア製品を搭載したジムニーとハイエースのデモカーも展示されており、多くの来場者でにぎわっていました。

 そのなかでも特に注目されていたのは、同じくスーパーフォーミュラに参戦している「ROOKIE Racing」チームと共同で設置した「Kids com KCMG × ROOKIE Racing コラボブース」です。

可夢偉コーヒーとモリゾウドーナツ、実際に味わってみた!

「carrozzeria × Kids com Team KCMG ラウンジ」では、日頃からコーヒーにこだわりのある小林可夢偉選手の「レースに足を運んでいただくお客さまに、ゆっくりできる空間とおいしいコーヒーを提供したい」という思いから、FCEV仕様のトヨタ「タンドラ」から供給される電力を使って、コーヒーを来場者に振る舞う取り組みを昨年から実施しています。

 その取り組みに今回、ルーキーレーシングがコラボ。モリゾウこと豊田章男チームオーナーの「(ドーナツを)罪悪感なく食べられたらうれしい」という思いから開発された「モリゾウドーナツ」がブース内で振る舞われることになりました。

会場で提供された「モリゾウドーナツ」そのお味は……?
会場で提供された「モリゾウドーナツ」そのお味は……?

「モリゾウドーナツ」は東京・元麻布にあるレストラン「EPICURE」のオーナーシェフである藤春幸治氏が開発し、グルテンフリーでおいしさとヘルシーさを併せ持ったドーナツとのこと。このドーナツを作るキッチンカーも、海外仕様のハイエースをベースにFCEV化された車両から供給される電力を使う特別仕様です。

 実際に会場にて揚げたての「モリゾウドーナツ」を食べてみたところ、表面はサクサクで中はとてもモチモチとしており、味付けはシンプルながら、しっかりと食べ応えと満足感もありました。グルテンフリーでヘルシーな点に魅力を感じる人も多いと思われました。

 あわせて、小林可夢偉さんこだわりのブレンドコーヒーをホットでいただいたところ、焙煎(ばいせん)された豆のとてもいい香りと、ブラックでありながらどこか少し甘味を感じるマイルドな味わいで、モリゾウドーナツとの相性も抜群でした。

 会場内では、それぞれのアンケートやクイズに答えることでこの2つを無料で提供してもらえる形となっており、朝から多くの人たちが集まってコーヒーとドーナツを堪能する姿が見られました。

コーヒーとドーナツで夢の競演!? 鈴鹿サーキットでのイベントの様子を見る(27枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. この豊田とかいう会長さんは悪い意味で浮世離れしすぎです。自分の会社で悪意に満ちた顧客軽視の不正が度々行われているにもかかわらず「ピンチはチャンス」的な顧客の感情を逆なでするCMを垂れ流し、他人事のようにふるまえるのは「お坊ちゃま育ち」だからこそなしえる無神経さなのでしょうね。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー