トヨタの新型「”ワイド”プリウス」実車公開! 黄金ボディに「ぶっ飛んでる」! 限界突破「6本マフラー」にファンは語彙力喪失!?

2024年2月のカスタムカーイベント「大阪オートメッセ」で注目を集めていたのが、金色に輝く「プリウス(60系)」のワイドボディ仕様のコンプリートカーです。どんなクルマで、どんな反響があるのでしょうか。

金色に輝く60系「プリウス」のワイドボディ仕様

 2024年2月10日から12日の3日間で開催された自動車展示イベント「大阪オートメッセ」で、様々な国産車のカスタマイズパーツを展開しているKUHL JAPAN(クールジャパン)は、計10台もの車両を展示しました。

 その中でも注目の的になっていたのが、ゴールデンな輝きがインパクト大の「PRIUS 60R-GTW WIDE BODY」です。いったいどんなクルマで、どんな反響があったのでしょうか。

大阪オートメッセで展示された「PRIUS 60R-GTW WIDE BODY」
大阪オートメッセで展示された「PRIUS 60R-GTW WIDE BODY」

 プリウスといえば、1997年に世界初の量産型ハイブリッドカーとしてデビューして以来、燃費に優れた技術や最新技術を投入し25年・4世代に渡って進化を続けてきました。まさに「エコカー」の代表格といえるモデルと言えるでしょう。

 今回クールジャパンが手がけたデモカーは、新型となる5代目プリウス(60系)をベースにしたクルマです。2024年1月12日から14日に幕張メッセ(千葉市)で開催された「東京オートサロン2024」で初公開されて高評価となり、セダン部門最優秀賞を受賞しています。

 そんな傑作カスタムカー「PRIUS 60R-GTW WIDE BODY」ですが、やはり一番目を惹くのはそのカラーリングでしょう。これはKUHLが「エレガントゴールド」と名付けている金色です。迫力はすさまじく、会場でもゴージャスな輝きを放っており、来場者が思わず足を止めて見入っていました。

 テーマは“激しいエアロ”と“立体感”などを設定。実際見てみると、地面スレスレのローダウンやオーバーフェンダーは、純正仕様とは全く異なる印象を与えます。

 また、リアバンパーは立体感を強く打ち出した形状に。名前の通り車体はワイドボディ仕様となっていますが、この迫り出たボディにマッチするよう、ホイールにはディスク面が凹んでいる「コンケーブホイール」を採用しました。

 さらに、マフラーは左右3本ずつの6本出しになるなど、どこから見てもインパクト絶大なデザインになっています。

 将来的にコンプリートカーとして、市販化が予定されているこの「PRIUS 60R-GTW WIDE BODY」、発表とともに、ネット上でも反響が多数となっています。

 まずはSNSやYouTube動画で「だいぶ攻めてるな」「変態車両」「ぶっとんでる」「ヤバイぐらいかっこいい!」「これはもう極めてる…」と、興奮で語彙力が失われているコメントが。

 そのほか、「まず、ハイブリッド車と言う事を無視したマフラーとぶっといタイヤ!カスタムとは無駄の極みですからね!オートサロン行きて〜!」と興奮気味のコメントもあれば、

「ハイブリッドに6本出しマフラーか…と言ってる私もクラウンクロスオーバーにTOM’Sの4本出しマフラーを付けてアタマ悪い感満載で走ってます」としみじみ語るファンもいました。

【画像】超カッコイイ!? これが黄金に6本マフラーの「限界突破プリウス」です。画像で見る!(29枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. プリウスSUV出たら絶対かう!
    スポーツタイプは実用性が不便。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー