トヨタ新型「プリウスGTW」実車公開! “6本出し”マフラー&ド迫力ワイドボディ採用!黄金に輝く「コンプリートマシン」とは

KUHL JAPANは、2月10日から12日に行われたカスタムカーイベント「大阪オートメッセ」に、金色に輝く「プリウス(60系)」のワイドボディ仕様のコンプリートカーを出品しました。

KUHL JAPANが金色に輝く60系「プリウス」のワイドボディ仕様を発表!

 KUHL JAPANは2024年2月10日から12日にかけ開催された「大阪オートメッセ」で、計10台もの車両を展示しました。

 中でも特に注目を集めたのが、金色に輝く「PRIUS 60R-GTW WIDE BODY」です。その詳細について、見ていきましょう。

迫力すごい…「PRIUS 60R-GTW WIDE BODY」
迫力すごい…「PRIUS 60R-GTW WIDE BODY」

 PRIUS 60R-GTW WIDE BODYは、東京オートサロン2024で初公開されたデモカー。その評価は高く、東京オートサロンではセダン部門最優秀賞を受賞しました。

 やはり一番目を惹くのはそのカラーリングでしょう。これはKUHLが「エレガントゴールド」と名付けている金色です。その迫力はすさまじく、会場でもゴージャスな輝きを放っていました。

 KUHLではこの他にも60系「プリウス」のコンプリートカーを展開していますが、こちらのPRIUS 60R-GTW WIDE BODYは「KUHLRACING」ブランドからの展開になります。

 この「KUHLRACING」は“激しいエアロ”と“立体感”などをテーマにしています。実際、地面スレスレのローダウンやオーバーフェンダーは、純正仕様とは全く異なる印象を与えます。

 また、リアバンパーは立体感を強く打ち出した形状に。名前の通り車体はワイドボディ仕様となっていますが、この迫り出たボディにマッチするよう、ホイールにはディスク面が凹んでいる「コンケーブホイール」を採用しました。

 さらに、マフラーは左右3本ずつの6本出しになるなど、どこから見てもインパクト絶大なデザインになっています。

※ ※ ※

 今回のPRIUS 60R-GTW WIDE BODYは、コンプリーカーとして市販化を予定しています。スタッフの方に話を伺うと、ワイドボディ仕様の部分や6本出しのマフラーなどを最大の特徴として上げていました。

 その外観からか会場での注目度も高く、かなり多くの人が足を止めていました。特に若い方はかなりじっくり観察している印象がありました。

【画像】超カッコイイ! ”6本出しマフラー”採用のトヨタ「プリウス」を画像で見る(29枚)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー