トヨタ新型「カローラ“クロス”」初公開! 斬新フェイス&豪華“赤内装”を新採用! 400万円超え「コンパクトSUV」タイで発表

2024年2月8日、トヨタのタイ法人はマイナーチェンジを遂げた新型「カローラクロス」を初公開しました。どのようなモデルなのでしょうか。

トヨタ新型「カローラクロス」初公開

 2024年2月8日、トヨタのタイ法人はマイナーチェンジを遂げた新型「カローラクロス」を初公開しました。

斬新顔になった! トヨタ新型「カローラクロス」
斬新顔になった! トヨタ新型「カローラクロス」

 カローラクロスは、2020年7月にタイで発表されたコンパクトSUV。2021年9月14日には日本仕様が登場。ボディサイズは、全長4490mm×全幅1825mm×1620mmと、それまでにトヨタのラインナップに無かった“丁度いい”サイズ感が人気を博しています。

 タイでも、2020年7月から2023年12月までの累計販売台数は7万1160台となるなど好調です。

 今回そんなカローラクロスのマイナーチェンジモデルが、タイで初公開されました。

 ボディサイズは、全長4460mm×全幅1825mm×1620mm。

 エクステリアは、アーバン×プレミアムをコンセプトに都市で生活するユーザーのライフスタイルに合わせて変更されており、新デザインのLEDプロジェクターヘッドライト、LEDクリスタライズドヘッドランプ、シーケンシャルLEDフロントウインカーを採用し高級感を高めています。

 また新デザインのフロントバンパー、フロントグリルが採用され、よりワイドでモダンな印象としているほか、ツートンカラーの新デザインのアロイホイールを適用しました。

 インテリアはより高級感のあるものに変更。内装色は高級感と優越感を与えるブラックと新色のダークローズの2色を設定しました。

 また、電動サンシェードを備えた大型フレームレスパノラマルーフなど充実の装備を新採用しています。

 パワートレインには、1.8リッターガソリンエンジンと、これにモーターを加えた1.8リッターハイブリッドシステムを用意しています。

 先進安全装備には、すべてのハイブリッドモデルに、Toyota Safety Senseを標準装備。全車速ダイナミックレーダークルーズコントロール、アラウンドビューモニター、自動ブレーキなど充実の機能を備えます。

 グレード展開は、ガソリンエンジンモデルの1.8スポーツプラスと、ハイブリッドモデルのHEVプレミアム、HEVプレミアムラグジュアリーの3種に加え、ハイブリッドモデルには、スポーティモデルとなるGRスポーツも用意されます。

 ボディカラーは、高級感とモダンさを兼ね備えた新色セメントグレーメタリックを含めた5色。価格は、ガソリンエンジンモデルが99万9000バーツ(約415万円)から、ハイブリッドモデルが109万4000バーツ(約454万円)です。

 トヨタのタイ法人で副社長を務めるスパコーン・ラッタナワラハ氏は、新型カローラクロスについて、以下のように述べています。

「新型カローラクロスは、エグゼクティブのライフスタイルに応える商品になりました。余暇を家族とさまざまなレクリエーションで過ごすカローラクロスのお客様をイメージした、新世代のファミリープレゼンターです。

 新型カローラクロスの販売目標は月産1500台、納車は2月9日以降となります」

【画像】超カッコいい! 斬新顔の新型「カローラクロス」を画像で見る(50枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. いつも日本のほうがデザインダサめなの何でなんだろうな。反日なんかな。

  2. おにかっこいいじゃんアーバンプレステージ。これのPHEVが欲しいのよ。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー