三菱「新型ランエボ」!? 熱望の「爆速スポーツセダン」! ド迫力ワイドボディ&精悍顔がめちゃカッコイイ! 復活期待される次期型モデルのCGが登場

三菱自動車がかつて生産していたスポーツセダン「ランサー エボリューション」。その次世代モデルを予想し、レンダリング(CG)を描いた人が現れました。その詳細について見ていきましょう。

三菱「ランエボ」に11世代目があったら?

 三菱自動車が過去に展開していた4WDスポーツセダン「ランサーエボリューション(通称“ランエボ”)」。すでに生産が終わってしまっており、現在はラインナップされませんが、ファンの間では、過去のモデルが今も高い人気を誇ります。

 そんなランサーエボリューションの次世代モデルを、ドイツのカーデザイナー「hycade」氏が予想し、レンダリング(CG)を作成しました。

超カッコイイ…三菱「ランサーエボリューションXI」の予想CG(Photo:hycade)
超カッコイイ…三菱「ランサーエボリューションXI」の予想CG(Photo:hycade)

 ランサーエボリューションは、三菱自動車が世界ラリー選手権(WRC)に参戦していた時、そのホモロゲーションモデルとして開発されたスポーツセダン。9世代目にはステーションワゴン型も用意されました。

 三菱が2000年代にWRCから撤退するも、その後もしばらくはランサーエボリューションの生産と開発は続けられましたが、2015年4月、1000台限定の特別仕様車「ランサーエボリューションX ファイナルエディション」が発表されると、このモデルをもって、同ブランドの歴史は幕をおろしました。

 とはいえ、往年の三菱ファンからの人気は高く、特に「ランサーエボリューションVI」が近年の海外オークションで1000万円前後で取引されるなど、高い価値を維持しています。

 そのランサーエボリューションに着目したのがカーデザイナーのhycade氏です。

同氏は、現在もランサーエボリューションが存在していたら…と考え「ランサーエボリューションXI コンセプト」のレンダリングを作成しました。

 全体的にはランサーエボリューションXのデザインを継承しながらも、灯火類には「アウトランダー」や「エクリプス クロス」を思い出させる線の細いライトを採用するなど、きちんと“現代風”に仕上げています。

また、迫力あるワイドボディとなっているほか、大型のウィング、スポーティなデザインの黒いホイールが装備され、戦闘力の高さを主張しています。

※ ※ ※

 ファンの間では度々復活を希望する声が望まれるランサーエボリューション。しかし三菱自動車の現状を考えるに、採算を取るのが難しいであろうスポーツセダンの復活はかなり難しいかもしれません。

 しかし、コメント欄では「三菱はこの車をメモっといて!」「ずっとランサーエボリューションXIを待ってる」「今の三菱にはこれが必要だ」といった声が出ており、その注目度の高さが伺えます。

【画像】「えっ…!」これが”超カッコイイ”「新型ランエボCG」です!画像で見る(20枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. アルファ ロメオ ジュリアGTAm のパクリやんwww

    • どこが?

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー