ホンダの「“話せる”モビリティ」に乗れる! 「CIマイクロモビリティ」の一般向け体験実施へ! 2030年までの実現目指す「協調人工知能」とは

2024年2月1日、ホンダの研究開発子会社である本田技術研究所は、協調人工知能 「Honda CI (Cooperative Intelligence)」を搭載したHonda CIマイクロモビリティの一般向け自動走行技術実証実験を2月中旬に 茨城県常総市の「アグリサイエンスバレー常総」で開始すると発表しました。 どのようなものなのでしょうか。

ホンダのCIマイクロモビリティが体験できる!

 2024年2月1日、ホンダの研究開発子会社である本田技術研究所は、人と分かり合える独自のAIである協調人工知能 「Honda CI (Cooperative Intelligence)」を搭載したHonda CIマイクロモビリティの技術実証実験の一環として、一般向け自動走行技術実証実験を2月中旬に 茨城県常総市の「アグリサイエンスバレー常総」で開始すると発表しました。
 
 CIマイクロモビリティを一般のユーザーに体験させ、フィードバックを得ることで、CIの進化、モビリティとしての使い勝手の向上を目指すとともに、2030年頃の実用化を見据えた社会受容性の醸成を図っていくといいます。

モビリティショーにも登場した「Honda CI-MEV」
モビリティショーにも登場した「Honda CI-MEV」

 CIマイクロモビリティについて、ホンダは、いつでも、どこでも、どこへでも、人とモノの移動を「交通事故ゼロ」・「ストレス フリー」で可能とし、「自由な移動の喜び」を一人ひとりが実感できる社会の実現を目指し、技術開発に取り組んでいます。

 2022年11月に茨城県常総市にて技術実証実験を開始し、搭乗型マイクロモビリティ「CiKoMa (サイコマ)」および、 マイクロモビリティロボット「WaPOCHI (ワポチ)」 を使用し、地図レス協調運転技術と意図理解・コミュニケーション技術を用いた自動走行技術やユーザー追従・ 先導走行機能の検証を行っていました。

 今回、アグリサイエンスバレー常総にて開始するという一般向けの技術実証実験では、来場者を対象に自動走行するCiKoMaの試乗とWaPOCHIの追従先導走行体験を提供するといいます。

 CiKoMa については、2024年2月より、アグリサイエンスバレー常総内の「道の駅常総」から観光農園「グランベリー大地」まで約850メートルの区間を使い、来場者を対象とした自動走行の乗車体験機会を提供。

 また、2024年春には、コミュニケーション機能を搭載したCiKoMaの乗車体験も開始します。

 これは、専用携帯デバイスを通じてCiKoMaを呼び寄せ、自動走行で迎えにきた CiKoMa にジェスチャーで乗車位置を指定して乗車するというもの。

 乗車後は、設定した目的地まで自動走行で移動し、さらに走行中に停止位置を指示することで、任意の場所に立ち寄ることも可能です。

 WaPOCHIについては、2月にグランベリー大地の屋外敷地内にて、いちご狩りの利用者を対象に移動体験を開始。

 WaPOCHI が受付からビニールハウスまで荷物を積んで来場者を先導もしくは追従し、 徒歩移動をサポートします。

 いちご狩りの体験中は、WaPOCHIに荷物を預けたままにできるため、手ぶらでいちご狩りを楽しむことが可能。 また、従業員向けの実証も2024年春に開始し、追従する WaPOCHIを使用した移動販売を予定しています。

 さらに、2024年夏には、CiKoMaの技術を搭載した、二人乗りの四輪電動モビリティ「Honda CI-MEV (シーアイエムイーブイ)」を常総市内での技術実証実験に投入予定です。

 同車は、2023年10月に開催された「東京モビリティショー2023」で初公開され注目を集めていたモデルだけに、その登場が楽しみです。

 これらのCIマイクロモビリティのうち、CiKoMaとWaPOCHIについては、実際に一般のユーザーが体験する予定の試乗・試用を「くるまのニュース」編集部の記者が体験する機会がありました。

「WaPOCHI」(左)と「CiKoMa」(右)
「WaPOCHI」(左)と「CiKoMa」(右)

 WaPOCHIについては、2月にグランベリー大地の屋外敷地内にて、いちご狩りの利用者を対象に移動体験を開始。

 WaPOCHI が受付からビニールハウスまで荷物を積んで来場者を先導もしくは追従し、 徒歩移動をサポートします。

 いちご狩りの体験中は、WaPOCHIに荷物を預けたままにできるため、手ぶらでいちご狩りを楽しむことが可能。 また、従業員向けの実証も2024年春に開始し、追従する WaPOCHIを使用した移動販売を予定しています。

 さらに、2024年夏には、CiKoMaの技術を搭載した、二人乗りの四輪電動モビリティ「Honda CI-MEV (シーアイエムイーブイ)」を常総市内での技術実証実験に投入予定です。

 同車は、2023年10月に開催された「東京モビリティショー2023」で初公開され注目を集めていたモデルだけに、その登場が楽しみです。

 これらのCIマイクロモビリティのうち、CiKoMaとWaPOCHIについては、実際に一般のユーザーが体験する予定の試乗・試用を「くるまのニュース」編集部の記者が体験する機会がありました。

【画像】めちゃカッコイイ! ホンダの「CIモビリティ」を画像で見る(37枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

1 2

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー