レイズがジムニー専用競技用スペック鍛造ホイール「A-LAP-J PRO」発表! あえて純正よりも細いリム幅“5J”を設定したワケ

RAYSが、ジムニーのみを見据えた設計により超軽量が特徴の「A-LAP-J」シリーズから、競技用スペックの「A-LAP-J PRO」を発売すると発表しました。あえてジムニーの純正ホイールよりも細いリム幅の“5J”を設定するのは、一体どのような理由なのでしょうか。

軽量性を損なわず30%の強度アップを実現

 自動車用のアルミホイールなどを開発、製造する「RAYS(レイズ)」は、スズキ「ジムニー」のみを見据えた設計により超軽量が特徴の「A-LAP-J」シリーズから、競技用スペックの鍛造1ピースホイールである「A-LAP-J PRO」を発売すると発表しました。

RAYS(レイズ)が発売する競技用スペックの鍛造1ピースホイール「A-LAP-J PRO」
RAYS(レイズ)が発売する競技用スペックの鍛造1ピースホイール「A-LAP-J PRO」

 同社は「A-LAP-J PRO」を発売する背景として「JSTC(ジムニースーパートライアルチャンピオンシップ)」や「WEST(西日本エキサイティングスピードトライアル)」といった、ジムニーのハイスピードトライアルレースでの過酷な環境下で、既に発売している「A-LAP-J」の軽量性は大きな武器となっているとしつつも、より強度を高めた仕様への要望があったためとしています。

「A-LAP-J PRO」は「A-LAP-J」をベースにレース現場での要望をフィードバックし、リムフランジ、スポーク、リム厚と各部に補強を実施。リムへ垂直方向の入力では約30%の強度アップを実現しつつも、同シリーズの特徴でもある軽量性を損なわないバランスを考慮しており、軽量性は犠牲にしていないとしています。

 ホイールのサイズについては、「195R16C」という競技用タイヤサイズが普及しているジムニーのハイスピードトライアルレースでは、5 1/2J(5.5J)よりも細いリムが求められていることを鑑みて、16インチ、リム幅「5J」というナローサイズを設定。その一方で、よりワイドトレッドにして安定感を得たいという声にも考慮し、インセットは「-18」サイズを設定することで、オフロードでの性能を底上げしていると言います。そのほか、通常の「ジムニー」サイズである16インチ、リム幅「5.5J」インセット「21」、「ジムニー シエラ」サイズである16インチ、リム幅「6J」インセット「-6」の全3サイズをラインナップするとのことです。

 カラーはダッシュホワイト(DW)で、発売は2024年3月ごろの予定です。

【画像】RAYSの鍛造1ピースホイール「A-LAP-J PRO」を装着したジムニーを見る

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー