全長3m以下!? めちゃ小さいトヨタ製「マイクロ・クーペ」実車展示! 小回り最強の「斬新モデル」の正体とは

「東京オートサロン2024」ではトヨタ自動車 豊田 章男会長の愛車として、トヨタ「iQ」の本格スポーツ仕様車が展示されました。全長3m以下と他に類を見ない斬新なモデル iQとは、一体どのようなクルマなのでしょうか。

軽自動車よりも小さい「不思議なクルマ」

 2024年1月12日から14日まで幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催された「東京オートサロン2024」では、TOYOTA GAZOO Racingとレクサスの合同ブースに、トヨタ自動車 豊田 章男会長の愛車が複数台展示されました。
 
 その中でも特に人目を引いていたのが、全長3m以下という超コンパクトサイズの異色モデル トヨタ「iQ」の本格スポーツ仕様車です。
 
 この異彩を放つiQとは、一体どのようなクルマなのでしょうか。

豊田 章男会長の愛車のトヨタ「iQ」本格スポーツ仕様車
豊田 章男会長の愛車のトヨタ「iQ」本格スポーツ仕様車

 かつては“保守的”と思われた時代もあるトヨタですが、その歴史を振り返ると、むしろチャレンジングなコンセプトのクルマを数多く世に送り出していました。

 中でも「コンパクトさ」を極限まで追究した斬新なモデルが、先述のコンパクトカーiQです。

 2008年に発売されたiQは、マイクロクーペと呼ばれる小さなボディサイズが特徴の乗用車。

 そのボディサイズは一般的な軽自動車よりも短く、全長2985mm×全幅1680mm×全高1500mm。くわえて車両重量は890kgと、文字どおり「超コンパクト」な車体が特徴です。

 さらに、ただ車体が小さいというだけではなく、しっかりと4人が乗車可能という「超高効率」なパッケージまで実現した革新的な構造を採用していました。

 当時はヨーロッパを中心に「マイクロカー」の開発が盛り上がっていたこともあり、トヨタでも「トヨタならでは」のマイクロカーの開発に着手。

 まずはコンセプトモデルである「iQコンセプト」が作られ、2007年のフランクフルトモーターショーに出展されました。

 これが好評を得たこともあって量産化が決定し、2008年10月のパリサロンで市販モデルをお披露目。翌11月に販売が開始されました。

 iQはコンパクトなボディゆえの取り回しの良さも特徴のひとつで、最小回転半径は当時世界最小レベルである3.9m。

 これにより狭い道でも走りやすく、Uターンも容易と、シーンを問わず扱いやすいことが魅力でした。

 また、シートの薄型化やダッシュボードの配置を最適化するなどの工夫によって車内空間を広げており、コンパクトでありながらも先述のとおり4人乗りが可能。

 もちろん大人4人だと圧迫感は否めませんが、家族3人程度であれば全く苦にならない十分な広さを実現していました。

 パワーユニットには、最高出力68馬力を発揮する1.0リッター直列3気筒DOHCエンジンを搭載。CVTのトランスミッションを組み合わせることで、スムーズな変速を可能としています。

 この1.0リッターエンジンは過給器などを装備していないため、決してパワフルなクルマではありませんでしたが、2009年のマイナーチェンジで94馬力の1.3リッターエンジン搭載モデルを追加。

 これにより、車体サイズや重量にとって十分なパワーも手に入れました。

【画像】「えっ…!」 これが全長3mの「マイクロ・クーペ」です(55枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー