“新型センチュリー顔”のトヨタ「30年落ちセダン」爆誕! 驚異の顔面整形で違和感なし! ド迫力すぎる新型「セルチュリー」とは

K-BREAKは、トヨタ「セルシオ」に「センチュリー」の顔面を移植したカスタムカー「セルチュリー」を東京オートサロン2024に展示しました。

新型センチュリーの登場に合わせて進化

 2024年1月12日から14日、千葉市美浜区の幕張メッセでカスタムカーのイベント「東京オートサロン2024」が開催。各種エアロパーツの企画・販売などを手掛ける「K-BREAK」は、トヨタ「セルシオ」と「センチュリー」を組み合わせた新型「セルチュリー」を会場に展示しました。

新グリルを採用した「新型セルチュリー」(東京オートサロン2024)
新グリルを採用した「新型セルチュリー」(東京オートサロン2024)

 セルシオは、トヨタがかつて販売していたフラッグシップ高級セダンです。1989年に初代がデビュー。1994年に2代目、2000年に3代目がそれぞれ登場しました。

 海外ではレクサスの最高級セダン「LS」として販売されており、2006年登場の4代目からは日本でもLSの名称で展開されています。

 今回登場したセルチュリーのベースは、1994年式の2代目セルシオです。

 サイドやリア周りは基本的にセルシオですが、フロントはセンチュリーの顔面を移植しています。

 2020年のオートサロンなどでも披露されていましたが、2023年にSUVタイプの新型センチュリーが登場したことを受け、セルチュリーのフロントグリルなども更新したといいます。

 ボディカラーは、最高級セダンのイメージをまとった、2代目センチュリーの専用色である「瑞雲:ずいうん(デミュアーブルーマイカメタリックモリブデン)」を採用。

 内装は本革とアルカンターラに張り替え、さらにステアリングは2代目センチュリーのものを移植しているといいます。ホイールも、2代目センチュリーの純正ホイールをカスタムしたそうです。

 セルシオもセンチュリーもトヨタが誇る最高級サルーンだけあって、その両車が融合したセルチュリーも違和感のない仕上がりです。会場ではその堂々としたたたずまいのクルマを見ようと、多くの来場客が足を止めていました。

【画像】「えっ…!」これぞ夢の融合モデル! ド迫力「新型セルチュリー」の画像を見る!(27枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー