トヨタ「新型“GR”プロボックス」!? めちゃスポーティな「タフ仕様」実車公開! お上品内装もカッコイイ「もはや商用車じゃない商用車」とは

東京オートサロン2024にRIDE+TECHが展示したプロボックスは、シンプルながらも存在感のあるカスタムカーの雰囲気を持っていました。

台形グリル+リフトアップでクロカンスポーツのようなイメージに

 商用バンのカスタムカーは、トレンドではなくもはや定番化しており、トヨタを代表する商用車の「プロボックス」をカスタムすることも広く行われています。

 スズキ「エブリイ」「キャリイ」「ジムニー」「ハスラー」「スペーシアギア」、ダイハツ「ハイゼット」「アトレー」など、はたらく軽自動車を中心にエクステリアパーツ・マフラー・足回りパーツなどを販売するRIDE+TECH(東京都福生市)も、東京オートサロン2024にプロボックスのカスタムカーを展示しました。

これはトヨタ新型「GRプロボックス」!? RIDE+TECHのカスタムプロボックス
これはトヨタ新型「GRプロボックス」!? RIDE+TECHのカスタムプロボックス

 グリルやバンパー、スポイラーなどの開発も得意としているため、このプロボックスでもフロントバンパーを交換。

 トヨタ「ハイラックス GRスポーツ」のような黒い台形グリルが目を引くスポーティなデザインを採用しています。

 RIDE+TECH製では、ローダウンとリフトアップ、どちらのキットも販売しています。このプロボックスでは、同社のリフトアップキットよって最低地上高がアップしており、商用車らしさを払拭しています。

 その足回りは、ワーク製14インチホイール「CRAG CKV」と「トーヨー オープンカントリー」タイヤが引き締めています。

 リフトアップやカスタムする際には、オーバーフェンダーの装着やホイールのインチアップ、外装塗装の変更やパーツの取り付けが多くなりますが、RIDE+TECHのプロボックスは、オーバーフェンダーなどは持たず、ボディカラーも標準の白を堅持。

 イメージとして「GR」のエンブレムが装着されていることもあって、近年流行している「クロカンスポーツ」の雰囲気も持っています。

 なおこのGRエンブレムは、RIDE+TECHの頭文字を取った「RT」になるかも、とのことでした。

 車内では、赤色を効果的に使ったシートカバーを装着。こちらでも、商用車っぽさをなくすことに成功しています。

※ ※ ※

 派手で目立つカスタムカーが多い中で、RIDE+TECHプロボックスは、メーカーが純正で作るクロカンスポーツのような、シンプルかつ存在感のある出で立ちを持っていました。

 同社では、法規に則った公道走行が可能な範囲でのカスタムを目指しているといいます。そのコンセプトも、大いに反映されていると言えましょう。

トヨタ・プロボックス のカタログ情報を見る

【画像】めちゃカッコイイ! トヨタ新型「GRプロボックス!?」を画像で見る(12枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

4件のコメント

  1. フロアシートがスズキ(笑)

  2. でもダイハツ製。

  3. ショー用車ですね

  4. 来月発表の俺ボックスかと思ったぜ

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー