“真っ黒”すぎる斬新「ハコ車」初公開! オトナも楽しい「新型ミニバン」の特別装備とは! ユニークな「角張りクルマ」まもなく発売

ステランティスジャパンは、フィアットブランドのミニバン「ドブロ」の限定車「ドブロ Coppia(コッピア)」および「ドブロ MAXI 5(マキシチンクエ)」を発表しました。

お洒落でカッコいい特別な「ハコ型クルマ」

 ステランティスジャパンは2024年1月11日、フィアットブランドのミニバン「ドブロ」に、限定車「ドブロ Coppia(コッピア)」および「ドブロ MAXI 5(マキシチンクエ)」を設定したと発表しました。
 
 両モデルとも、1月27日より全国のフィアット正規ディーラーにて発売されます。

新型ミニバン「ドブロ」限定車登場
新型ミニバン「ドブロ」限定車登場

 ドブロは、日本国内で展開されるステランティス車のうち、プジョー「リフター」、シトロエン「ベルランゴ」に続く第3弾にあたるミニバン。

「趣味を堪能するオトナの遊びゴコロを楽しめるクルマ」をコンセプトに掲げて開発され、「ジブン時間」をキーワードに据えています。

 ボディタイプは、2列シート・5人乗りの「ドブロ」と、3列シート・7人乗りの「ドブロ Maxi(マキシ)」の2タイプを設定。

 パワートレインは両車共通で、最高出力130馬力・最大トルク300Nmを発揮する1.5リッターディーゼルターボエンジンを搭載し、8速ATを組み合わせて力強い走りを実現しています。

 デザインは、フィアットブランドらしいユニークな造形で、広々した空間を確保したハコ型のボディでありながら、角を面取りしたような丸みも感じさせる仕上がり。

 左右のヘッドライトは連結した1本のラインとなっており、フィアットエンブレムと合わさりシャープな印象を演出します。

 キャビン上部には標準装備のルーフレールが取り付けられ、サイドに施したエアバンプとともに実用性とデザインを両立。

 さらにリアゲートはガラスのみでの開閉も可能なので、車両の後ろに十分なスペースがない場合でもコンパクトに開いて荷物を取り出せます。

 今回発売した限定車のひとつドブロ コッピアは、ドブロおよびドブロ マキシをベースに新たな外装色と専用の装備を追加した特別なモデルで、特別装備として夜間の視認性を向上させるLEDヘッドライトを採用。

 くわえてリアに専用のオリジナルバッジを装着しています。

 ボディカラーには落ち着きのある新色の「コロッセオ グレー」を設定しています。また、同色に塗装したフィアットオリジナル自転車を搭載している点も、限定車ならではの特徴です。

 もう一方の限定車ドブロ マキシチンクエは、ドブロ マキシをベースにするものの、3列目シートを装着せず2列シート5人乗り仕様とした限定車。

 3列目シートを排除したことにより、リア空間を最大2693リットルもの大容量ラゲッジとして活用することが可能で、かつ通常モデルよりも約15万円安い価格を実現したといいます。

 また、同車のボディカラーには先述のドブロ Coppiaと同様に新色のコロッセオ グレーが採用されます。

※ ※ ※

 ドブロ コッピアの車両価格(消費税込)は、ドブロベースのモデルが409万円、ドブロ マキシベースのモデルが439万円。両方合わせて80台限定です。

 またドブロ マキシチンクエの車両価格は414万円で、100台限定となります。

【画像】カッコいい! めちゃ黒い「新型ミニバン」を画像で見る(73枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー