もはや「新型パジェロ」!? めちゃゴツい三菱「新型SUV」を世界初公開! 超ゴツバンパー装備の新型「トライトン スノーシュレッダー」とは

2024年1月12日、三菱は2024年2月発売予定の新型ピックアップトラック「トライトン」のカスタムモデル「SNOW SHREDDER CONCEPT(スノーシュレッダーコンセプト)」を初公開しました。

「雪を切り込むスノーボーダー」をイメージした冒険心あふれる1台

 2024年1月12日、三菱は「東京オートサロン2024」で、2024年2月発売を控えた新型ピックアップトラック「トライトン」をベースにしたカスタムカー「SNOW SHREDDER CONCEPT(スノーシュレッダーコンセプト)」を参考出品しました。
 
「SNOW SHREDDER」とは「切り立った雪面やアイスバーンをアグレッシブなターンで切り刻むスノーボーダー」の意味。往年のパジェロをもほうふつとさせる、ワイルド過ぎるカスタマイズの秘密を解き明かします。

めちゃ「ワイルド」! 三菱 新型「トライトン」をベースにしたカスタムモデル「SNOW SHREDDER CONCEPT(スノーシュレッダーコンセプト)」
めちゃ「ワイルド」! 三菱 新型「トライトン」をベースにしたカスタムモデル「SNOW SHREDDER CONCEPT(スノーシュレッダーコンセプト)」

 新型トライトンをベースとしたカスタムモデルのスノーシュレッダーコンセプトは、その名の通り雪道を力強く走破するイメージを持った1台となっています。

 ワイルドなピックアップトラックというと、未舗装路や砂漠を走っているイメージが強いかもしれません。しかし高い走破性が必要となるのは積雪路も同じ。

 ということで、スノーシュレッダーコンセプトは雪道走行に特化したカスタマイズモデルに仕上がっているのです。

 ボディカラーは積雪路を爆走した後のワイルドな状態を表現したダメージ表現を持ったラッピングとなっており、特殊な技術で表面に凹凸を持った特別なもの。

 足元はリフトアップキットを組み込み、前後で約50mmアップ。より地上高を稼ぐことで高い走破性を実現しています。

 タイヤはSUV用スタッドレスタイヤの「TOYO OBSERVE W/T-R LT」で285/70R17という大径サイズを装着しました。

 三菱独自の4WDシステムである「スーパーセレクト4WD-II」との組み合わせで、どんな路面でも走れそうな安心感を与えてくれています。

 エクステリアではスモーク加工がなされた前後ライトに加え、純正オプションで用意されるホイールアーチモールやサイドドアガーニッシュがよりワイルドな印象を演出。

 こちらもオプションで用意されるトライトンのロゴも印象的なアンダーライドプロテクションのほか、前後左右に参考出品となるプロテクションバーを装着し、悪路走行時のダメージ低減を狙っているのも注目ポイントです。

 さらにフロントナンバープレートを起こすと奥にはウインチが装着されており、万が一のトラブルに備えているのです。

 そればかりでなく、スペアタイヤも純正はフロア下に吊り下げて装着されていますが、雪深いシチュエーションでも交換が用意にできるように、純正オプションで用意されるトレーラーヒッチメンバーを活用した背面スペアタイヤとしているのは、カスタマイズで真似したいアイデアです。

【画像】めちゃカッコいい! 三菱 新型「四駆」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー