スズキ新型「ジムニー“XL”」発表! 「待望のコンパクトSUV」に「右ハンドル車」登場も日本導入はまだ? 現実的な「時期」は“いつ”なのか

直近では2023年12月に、オーストラリアでも新型「ジムニー5ドア(オーストラリア名「ジムニーXL」)」が発売されたと報じられました。オーストラリアで展開される同車は右ハンドルで、日本でもすぐ走れなくはなさそうですが、待望の日本導入はいつ頃になるのでしょうか。考察します。

右ハンのスズキ新型「ジムニー“XL”」登場も…日本では未発表?

 スズキの本格オフローダーである「ジムニー」。2018年7月に登場した現行型モデルは、スクエアで厳ついルックスが受けて大ヒットしました。

 しかし、人気が高くなりすぎてしまい、残念なことに、注文しても納車されるまでとても時間がかかる状況に。なんと1年を超えるのが普通になってしまったのです。

右ハンドルも出た! スズキ新型「ジムニー5ドア」
右ハンドルも出た! スズキ新型「ジムニー5ドア」

 ちなみに、発売から5年が過ぎようという今も、1年を切るのは難しい状況のようです。X(旧Twitter)で「ジムニー」「納車」を検索してみると、「MTならば数か月も~」という書き込みはありますが、「ATは1年以上」という状況とか。発売直後の最悪の状況は越えつつあるようですが、まだまだ多難という状況のようです。

 そんな、長い納車待ちにモヤモヤしているファンに、驚きのニュースが届きました。なんと、インドで「ジムニー」の5ドア仕様が発売されたというのです。これが2023年1月のこと。しかも、インドで作られた「ジムニー5ドア」は、アフリカや中南米などにも輸出されるというのです。

 そして、2023年秋から2024年初頭にかけて、「ジムニー5ドア」は、ニュージーランドなどオセアニア地区でも販売が開始される予定です。

 直近では、2023年12月5日に、オーストラリアでジムニー5ドア(オーストラリア名「ジムニーXL」)が発売となったと報じられました。

 ポイントは、オーストラリアやニュージーランドは右ハンドル仕様ということ。日本にも、すぐにフィットしそうな内容です。

「すぐ隣で売っているのだから、日本にも輸入・販売して!」。ジムニーが欲しくて、1年以上も待たされている人であれば、そう思ってしまうのも当然のことでしょう。

 そもそも日本で発売される「ジムニー」は、軽自動車も、登録車の「ジムニーシエラ」も3ドアです。街中での使用を考えれば、5ドアの方が便利に決まっています。日本で「ジムニー5ドア」を発売すれば、一定数売れることは間違いありません。

 しかし“すぐに日本で発売を!“となるかといえば、それほど簡単な話ではありません。もしも、スズキが日本国内の販売を考えていれば、すでに何らかの発表があってもいいはず。しかし、スズキに動きは見られません。

 なぜ、スズキから「ジムニー5ドア」の日本導入の話が出ないのでしょうか。その理由はいくつか推測することができます。

【画像】超カッコイイ! ”エクストララージ”なスズキ新型「ジムニーXL」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー