斬新すぎる日産「コンパクトSUV」に“熱視線”! 豪雪も楽勝でクリア可能!? オシャカラーのクセ強「ジューク」とは

世界最大のカスタムカーイベント「東京オートサロン」では毎年数多くの斬新なカスタムカーが出展されますが、日産が過去に参考出品した「ジューク パーソナライゼーション アドベンチャー コンセプト」は、特に注目を集めました。どのようなカスタマイズが施されていたのでしょうか。

まるでロボット!? 斬新すぎる“クローラー”付き「ジューク」とは

 毎年1月に行われる恒例のイベント「東京オートサロン」では、様々なチューニングやドレスアップを施した多数のカスタムカーが出展され来場者を楽しませてくれます。
 
 これまで注目を集めた出展モデルの中でも、日産が2019年にメーカー自らの手でカスタマイズした特別な「JUKE(ジューク)」は、コンセプトの破天荒さで群を抜く印象的なモデルでした。

日産「ジューク パーソナライゼーション アドベンチャー コンセプト」がめちゃ極太なフェンダーを備える理由とは!?
日産「ジューク パーソナライゼーション アドベンチャー コンセプト」がめちゃ極太なフェンダーを備える理由とは!?

 世界最大のカスタムカーイベント「東京オートサロン」は、2024年も1月12日から14日まで幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催されます。

 近年では、東京モーターショー(現:ジャパンモビリティショー)に肩を並べるほどの人気あるイベントに成長。

 斬新なコンセプト・アイデアが詰まったコンセプトカーが多数発表されることも大きな特徴で、今や新型車のワールドプレミアも行われるなど、各自動車メーカーも力を入れた出展をするようになりました。

 そんな東京オートサロンのコンセプトカーには、記憶に残る非常に個性的なクルマが多いのですが、その中でも、日産が2019年に展示した「JUKE Personalization Adventure Concept(ジューク パーソナライゼーション アドベンチャー コンセプト、以下ジューク アドベンチャー コンセプト)」は、その大胆極まりない姿で驚きを集めました。

 というのも、日産が当時販売していたコンパクトSUV「ジューク」(初代)をベースに作られたジューク アドベンチャー コンセプトには、タイヤの代わりに三角形のクローラー(無限軌道。一般的には「キャタピラ」と呼ばれるが、これはキャタピラー社の登録商標のため、実際には使用できない)が装着されていたのです。

 クローラーといえば、戦車や重機のように車体サイドの広範囲を覆っているイメージがありますが、このコンセプトカーでは、拡大されて厚みも増した巨大なフェンダーから下に生えているように備えられています。

 地上高が大幅に増えていることもあって、その姿はまるでロボットのよう。

 アニメ「機動戦士ガンダム」に登場するモビルスーツ(ロボット)の「ガンタンク」を思い出す、という声があがったほどです。

 クローラの利点は、道を選ばないこと。悪路、雪道、泥濘などを突き進んでいくことができます。場合によっては、道がなくても走ることさえ可能です。

“アドベンチャー”という車名、そして見るからに「どこでも走れてしまうクルマ」というワクワク感が全身からにじみ出ているコンセプトカーでした。

【画像】めちゃカッコいい! 日産「斬新SUV」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー