三菱「新型コンパクトセダン」発表! 約250万円の「ミラージュG4」誕生! 迫力顔がスゴイ「ハッチバック」と合わせて米に登場

2023年12月22日、三菱自動車のアメリカ法人は、コンパクトハッチバック「ミラージュ」とコンパクトセダン「ミラージュG4」の2024年モデルを発表しました。どのようなモデルなのでしょうか。

三菱新型「コンパクトセダン」&「ハッチバック」誕生

 2023年12月22日、三菱自動車のアメリカ法人は、コンパクトハッチバック「ミラージュ」とコンパクトセダン「ミラージュG4」の2024年モデルを発表しました。

アメリカでは生きていた! 三菱新型「ミラージュG4」
アメリカでは生きていた! 三菱新型「ミラージュG4」

 ミラージュは1978年、三菱自動車初のFF車として登場。2002年、24年の歴史にいったん終止符を打ちましたが、2012年、世界戦略車として10年ぶりに復活しました。

 日本では、ライバルのトヨタ「ヴィッツ」や日産「ノート」の牙城を崩すことはできず、2022年に再び販売終了となりましたが、アメリカやアジアでは販売を継続しています。

 アメリカでは5ドアハッチバックの「ミラージュ」と4ドアセダンの「ミラージュ G4」をラインアップしています。

 パワートレインは、最大出力78PS、最大トルク100Nmを発生する1.2リッター直列3気筒ガソリンエンジンを搭載。市街地約15.3km/L、高速道路約18.3km/Lという低燃費を実現し、2020年にはEPA(環境保護局)からアメリカで最も燃費の良いガソリン車と認定されました。

 エクステリアは三菱自動車のデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用し、シャープかつ力強いルックスとなっています。

 インテリアは、カーボン調のメーターパネルやパワーウインドウスイッチパネルなどを採用し上質な室内空間を演出。インフォテイメントシステムはApple CarPlay/Android Auto対応の7インチディスプレイオーディオを採用しています。

 衝突被害軽減ブレーキを全車標準装備するなど、先進安全装備も充実させています。

 日本では苦戦続きだったミラージュですが、優れた燃費性能と1万7000ドル(約240万円)を下回る低価格、充実した装備で人気を集めています。

 2024年モデルは、自動ヘッドライトや運転席アームレストを追加するなど、機能や装備を充実させました。

 また、ボディカラーに新色グラファイトグレーとジェットブラックを追加しました。ハッチバックのミラージュにはトノカバーを標準装備としました。

 また、2024年モデルも引き続き、スポーティな特別仕様車「ブラックエディション」が設定されます。15インチアルミホイール、ルーフスポイラー、サイドミラーキャップをブラックで統一。

 インテリアは本革ステアリングホイールを装備するほか、随所に鮮やかな赤のアクセントを施しています。

 アメリカでの販売価格は、ミラージュが1万6695ドル(約237万円)から、ミラージュG4が1万7795ドル(約253万円)からです。

三菱・ミラージュ のカタログ情報を見る

【画像】めちゃカッコイイ! 三菱”新型コンパクトセダン”「ミラージュG4」を画像で見る(20枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. しっかりダサい

  2. 後輪がめちゃめちゃ小さく見えますが・・・
    いや小さいのか?

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー