500馬力超え! 美しすぎる新型「爆速・最上級SUV」発表! 全長5m級ボディ&流麗デザインがカッコイイ! 1000万円超えのアウディ新型「SQ8 Sportback e-tron」発売

アウディ ジャパンは2023年12月19日、新型EVクーペSUV「SQ8 Sportback e-tron」を発売しました。どのようなクルマなのでしょうか。

フラッグシップSUVクーペにEVの「Sモデル」追加

 アウディ ジャパンは2023年12月19日、新型「SQ8 Sportback e-tron」を発表しました。
 
 同日より発売しています。

アウディの旗艦クーペSUVにEVの「SQ8」追加
アウディの旗艦クーペSUVにEVの「SQ8」追加

「Q8」シリーズは日本では2019年7月に発売された大型SUVで、アウディにおけるSUVシリーズのフラッグシップモデルに位置しています。

 フレームレスドアや低いルーフをはじめ、4ドアクーペのような流麗なスタイリングに、新世代のインフォテインメントシステム「MMIタッチレスポンス」を採用。全車マイルドハイブリッドを搭載するなど、燃費性能も高められています。

 ラインナップは通常モデルのQ8に加え、なだらかなテールを持つ「Q8 Sportback(スポーツバック)」を用意しています。2023年3月にはバッテリーEVモデル「e-tron(e トロン)」が追加されました。

 今回登場したのは、アウディのハイパフォーマンスシリーズ「Sモデル」にラインナップされるSQ8 スポーツバック e トロンです。

 ボディサイズは全長4915mm×全幅1975mm×全高1615mm、ホイールベースは2930mm。

 パワーユニットとして、フロント1基(157kW)、リア2基(それぞれ138kW)と合計3基の電気モーターを搭載することで、システム最高出力370kW(約504馬力)、最大トルク973Nmを発揮。0-100km/h加速は4.5秒をマークします。

 バッテリーは電極材を隙間なく配置する「スタッキング方式」によりエネルギー密度を向上させる技術を採用し、総電力量114kWh、一充電走行距離は482km(WLTCモード)を達成しました。

 通常走行時はリアモーターのみが作動しますが、素早い加速や滑りやすい場面ではフロントモーターが介入します。さらに、リアモーターは左右独立した制御が可能で、左右輪のトルクを変える「電動トルクベクタリング機構」を搭載し、走行性能を高めました。

 エクステリアは標準のQ8よりも拡大させたホイールアーチやSモデル専用バンパー、20インチアルミホイールを装着。

 シルバーのフロントリップやミラーカバー、ディフューザーなどを装備し、Sモデル共通のスポーティなデザインとなりました。

 インテリアはブラック基調で、Sロゴおよびダイヤモンドステッチを施した専用レザーシートやマットブラッシュトアルミ加飾パネル、Bang & Olufsen 3Dサウンドシステム(16スピーカー)などを標準装備しました。

 新型SQ8 スポーツバック e トロンの価格は1492万円で、全車右ハンドルのみの設定です。

アウディ・Q8 のカタログ情報を見る

【画像】超カッコイイ! これがアウディのフラッグシップ「クーペSUV」です!(31枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー