日産の「和製スーパーカー」!? 300馬力超えV6「ミッドシップ」! パカッと開くヘッドライト採用の「MID4」とは

日産はミッドシップスーパースポーツカー「MID4」を東京モーターショーに出展しました。現実味の高い仕上がりで市販化間近ともいわれていた「和製スーパーカー」について振り返ります。

本来は世界ラリー選手権向けのプロトタイプ車両だった!?

 日産は、第26回および第27回の「東京モーターショー」に、ミッドシップの「和製スーパーカー」といえるハイパフォーマンスなスーパースポーツカーを出展しました。
 
 どのようなクルマなのでしょうか。

日産の斬新すぎる「和製スーパーカー」とは!?
日産の斬新すぎる「和製スーパーカー」とは!?

 日産が東京モーターショーに相次いで参考出品したスーパーカーは、「MID4(ミッドフォー)」と「MID4 II(ミッドフォーツー)」です。

 1985年秋、日産はプロトタイプ車両であるMID4を、ドイツ・フランクフルトモーターショーと第26回東京モーターショーに相次いで参考出品しました。

 当時を知る日産関係者は、以前の取材で次のように話します。

「もともとは、世界ラリー選手権(WRC)参戦に向け、当時新設される予定だった新カテゴリ向けに開発されたプロトタイプ車両が発端でした」

 乗員の後部にエンジンを横置きし、後輪を駆動させるミッドシップ(MR)レイアウトを採用した2人乗りのスポーツカーです。

 車体外板にはFRPを採用してデザインの自由度を高めているといい、ショーモデルとはいえ非常に現実的な内外装の仕立てとなっていました。

 搭載されるのは3リッター V型6気筒「VG30DE」型DOHC 自然吸気エンジン。翌1986年に「レパード」や「フェアレディZ」に採用された最新鋭のものを初公開しています。

 車名の「4」は四輪駆動を意味し、当時のスーパースポーツカーとしては珍しいフルタイム4WDを採用し、四輪操舵システム「HICAS(ハイキャス)」と組み合わされました。

 その現実的な仕立てに対し、市販化を期待する声も多く上がりましたが、日産ではあくまでもプロトタイプであるとして否定しています。

【画像】めちゃカッコいい! 日産「和製スーパーカー」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー