トヨタが新型「ハイラックス ハイブリッド」発表! 全長5.3mの「大型ピックアップ」でも“低燃費”実現!? 2024年に欧州発売へ

トヨタの欧州法人は、ピックアップトラック「ハイラックス」にハイブリッドモデルを追加する予定だと発表しました。

新型「ハイラックス ハイブリッド」発表

 トヨタの欧州法人(以下、トヨタ)は、ピックアップトラック「ハイラックス」について新たにハイブリッドモデルを追加し、2024年半ばに発売すると発表しました。

新型「ハイラックス ハイブリッド」
新型「ハイラックス ハイブリッド」

 ハイラックスは、世界約180の国と地域で販売されるグローバルモデルのピックアップトラック。

 卓越した悪路走破性や信頼性、耐久性、実用性の高さから、現在ではトヨタを代表する主力モデルの一台となっています。

 今回発表された新型ハイラックス ハイブリッドは、ハイラックスが強みとする積載能力やけん引能力、オフロード能力はそのままに、ハイブリッドシステムを追加したことで燃費やパフォーマンスを向上させ、都市部やオフロード環境においてよりスムーズな走行が可能としたモデル。さらに騒音・振動の低減も実現しているといいます。

 この新型ハイラックス ハイブリッドのボディサイズは全長5325mm×全幅1900mm×全高1815mm、荷台長は1525mm。

 ボディタイプはドアを4枚備えたダブルキャブのみで、大胆な立体グリルと力強い印象フロントバンパーを持つスタイリングが同車の頑丈さを強調します。

 新型ハイラックス ハイブリッドが搭載するパワートレインは、最大出力150kW・最大トルク500Nmを発揮する2.8リッターディーゼルターボエンジンで、トランスミッションには6速ATを採用。

 組み合わされるモーターは最大出力12kWと最大トルク65Nmを発揮し、エンジンの出力と合わせて加速性能や燃費効率を向上させます。

 また、ハイブリッドシステムに加えて精度が向上した回生ブレーキやアイドリングストップ機能も採用したことで、従来のディーゼルパワートレインと比較し燃料効率は最大5%向上しました。

 インテリアにはダッシュボードに8インチのマルチインフォメーションディスプレイを備え、最新のトヨタスマートコネクトシステムを装備。

 これには最新の交通情報を備えたクラウドベースのナビゲーションや携帯電話通話、エアコン・電動ウィンドウ・アンビエントライトをハンズフリーで操作するための対話型音声エージェントも搭載されています。

 さらにグレードに応じて、スマートフォンのアプリを介しての車両のロック/ロック解除操作やエアコンの制御も可能です。

 安全性能を高める装備としては、先進安全運転サポート機能「トヨタセーフティセンス」の最新仕様を搭載し、ドライバーやその他の道路利用者に起こりうる様々な潜在的危険からの保護を提供します。

 新型ハイラックス ハイブリッドの車両価格はまだ発表されていませんが、2024年半ばにはラインナップに加えられ、欧州市場に導入される予定です。

【画像】カッコいいぞ! これが新型「ハイラックス ハイブリッド」です(50枚以上)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー