ド迫力の新型「“軽”SUV」正式発表! アンダー250万円のブラーバ「イオ」! スズキ「ハスラー」ベースのカスタムマシン登場

2023年11月21日、KUHL JAPAN(クールジャパン)は、コンプリートカーブランド「VRARVA(ブラーバ)」の第3弾モデルとして、スズキ「ハスラー」をベースにした「IO(イオ)」を正式発表しました。どのようなモデルなのでしょうか。

ハスラーベース!? ブラーバ新型「イオ」正式発表

 2023年11月21日、名古屋市の総合カスタムメーカーKUHL JAPAN(クールジャパン)は、コンプリートカーブランド「VRARVA(ブラーバ)」第3弾モデルとして、スズキ「ハスラー」をベースにした「IO(イオ)」を正式発表しました。

スズキ「ハスラー」ベースのブラーバ新型「イオ」(画像:KUHL JAPAN公式サイトより)
スズキ「ハスラー」ベースのブラーバ新型「イオ」(画像:KUHL JAPAN公式サイトより)

 ブラーバは「近未来クロスオーバー」をテーマに、装甲車や戦闘機に通じるミリタリースタイルが特徴。

 これまでトヨタ「RAV4」をベースにした「MARS(マーズ)」、三菱「デリカD:5」をベースにした「ORCUS(オーカス)」を展開し、いずれのモデルでもベース車を意識させない、大幅なイメージチェンジを図っています。

 今回発表されたイオは、マーズとオーカスと比べて“イメージチェンジ度”が抑えられたライトな仕立て。

 9点で構成されるボディキットはほかのブラーバシリーズとは異なり、大作業が必要なパネル交換だけではなく、ボディに付加するタイプのパネルも設けることで、価格を含めて気軽にブラーバの世界観を楽しめるモデルとなっています。

 フロントセクションはハスラーの特徴でもある丸目を残しながら、スクエア形状のボンネットや凹凸のあるグリルなどで精悍さと未来感を演出。さらにグリルをブラーバシリーズに共通する六角形ダクトにすることで、個性を主張しています。

 サイドは軽自動車規格を超えない範囲で、前後フェンダーによるワイド化(片側9mm以内)を図るとともに、ドアパネルの下部にプロテクター、サイドシル(ロッカー)に厚みのあるステップを装着することで装甲車を連想させるタフな雰囲気を生み出しています。

 リアセクションは、左右のテールをつなぐガーニッシュのほか、バンパーにプロテクターを装着し、ごつごつとしたメカニカルな印象を強めています。

 なお、デモカーにはボディキット9点のほか、ブラーバオリジナルの「DW01」15インチホイール(マットブラッククリアカラー)、オールテレーンタイヤ、車高調による1.5インチリフトアップが施されています。

 ベース車のハスラーは、アウトドアアイテムから発想を得て機能性を追求し、タフさや力強さを融合させた軽クロスオーバー。

 イオは、その個性をミリタリーという方向性で一段と引き立てた仕上がりです。

 価格はベース車の仕様がハイブリッドG・2WDの場合で249万円(税込)。グレードやボディカラー、オプションは自由に選択できます。

【画像】超カッコイイ! ”ド迫力軽SUV”新型「イオ」の画像を見る(50枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー