6速MTあり! めちゃ小さいのに“ゴツゴツ仕様”な「新型コンパクトSUV」公開! “悪路走破性”高めた特別な「限定モデル」まもなく発売へ

ステランティスジャパンは、フィアットブランドのコンパクトSUV「パンダ」の限定車「パンダクロス4×4」を12月9日から販売します。一体どのようなモデルなのでしょうか。

コンパクトSUVの「集大成」が登場!

 ステランティスジャパンは2023年11月27日、フィアットブランドのコンパクトSUV「パンダ」に限定車「パンダクロス4×4(パンダクロス フォーバイフォー)」を設定し、12月9日から販売を開始すると発表しました。
 
 また、パンダシリーズが搭載するパワーユニット「TwinAirエンジン」の生産が同年10月に終了したことから、同限定車はパンダシリーズにおける最終モデルになるといいます。

コンパクトSUV 新型「パンダクロス4×4」
コンパクトSUV 新型「パンダクロス4×4」

 パンダクロス4×4は、「パンダ4×4」をベースとし、4WDの高い機動性はそのままにアウトドアシーンに溶け込むタフなエクステリアデザインや装備を盛り込んだ特別な一台です。

 ボディサイズは全長3705mm×全幅1665mm×全高1630mm、ホイールベースは2300mm。

 特別装備となる専用のバンパーやモールディング、ルーフレールを設定したことで全長や全高などの値が通常モデルのパンダより拡大されており、まさにパンダシリーズの集大成としての風格を際立たせています。

 搭載するパワーユニットは、先述したTwinAirエンジンの875cc直列2気筒ターボエンジンで、最大出力85馬力・最大トルク14.8kgf・mを発揮。

 全車とも6速MTのトランスミッションと4輪駆動の組み合わせとなり、さらに通常モデルよりも1インチ大きい15インチホイールやドライブモードセレクターを搭載したことで、より様々な路面や気象状況において力強い走りを実現することが可能となりました。

 そのほか限定車ならではの特別装備として、オリジナルシートや前席シートヒーター、プライバシーガラス、フルオートエアコン、リアパーキングセンサー、オートライト、レインセンサーを標準で装備。快適性や機能面を大きく向上させています。

 用意されるボディカラーは、「フォレスタグリーン」および「マエストログレー」の2色を設定し、各色とも100台限定で合計200台のみの販売となります。

 パンダクロス4×4の車両価格(消費税込)は316万円です。

 なお12月9日と10日には、全国のフィアット正規ディーラーにおいてイベント「フィアット クリスマスフェスタ」が開催され、今回発表されたパンダクロス4×4も展示される予定です。

【画像】小さいのに超カッコいい! 新型SUV「パンダクロス4×4」を見る(20枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー