トヨタ新型「クラウンセダン」発売! 唯一の5m超えボディ採用の「正統派」が登場! なぜ「3つのクラウン」とは違うモデルにした?

トヨタ新型「クラウン」シリーズは合計4タイプが登場します。なかでも新型「クラウンセダン」はほかの3タイプとは明らかに異なったモデルですが、どのような特徴があるのでしょうか。

ほかの新型「クラウン」シリーズとは全く異なるモデルに

 2023年11月2日に正式発表となったトヨタ「クラウンセダン」は、通算16代目となる「クラウン」のバリエーションのひとつであり、「クロスオーバー」「スポーツ」「エステート」とともに新世代のクラウンを形成するモデルとなっています。
 
 そんな新型クラウンセダンですが、ほかの3種類のクラウンとは大きく異なる点が複数存在していますが、果たしてどんな違いがあるのでしょうか。

新型「クラウンセダン」 ほかの3タイプとは明らかに違う理由とは
新型「クラウンセダン」 ほかの3タイプとは明らかに違う理由とは

 まず最も大きな違いとして挙げられるのが、異なるプラットフォームを用いることに由来する駆動方式の違いです。

 セダン以外のクラウンはエンジンを横置きしたフロントエンジン、フロントドライブをベースとしたE-Four(電気式四輪駆動システム)を採用していますが、セダンのみエンジンを縦置きし、後輪を駆動するFRレイアウトが採用されているのです。

 クラウンは1955年に登場した初代モデルから、2022年まで販売されていた先代の15代目モデルまで、一貫してFRレイアウトを採用しており、クラウンセダンこそが歴代クラウンのキャラクターを踏襲する、正当な後継車種であるという声もあるほど。

 そのため、従来までのクラウンファンからすれば、新型クラウンセダンは待望のモデルということが言えそうです。

 またパワートレインも、ハイブリッドモデルに搭載される直列4気筒2.5リッター「A25A-FXS」型エンジンこそ他のクラウンシリーズと共通です。

 しかし、新型クラウンセダンはモーターと有段ギアを組み合わせたトヨタ車初となる「マルチステージハイブリッドシステム」を採用し、あらゆる車速域からのアクセル操作に応える駆動力を実現しているといいます。

 さらに、従来はエンジン最高出力を使用できる車速領域が約140km/hからでしたが、新システムでは約43km/hから使用可能と、動力性能も大幅に向上していることがわかります。

 そしてハイブリッドモデル以外に、クラウンとしては史上初となるFCEV(燃料電池車)が設定されているのもセダンのみの特徴で、新世代のクラウンにふさわしい先進性を持ち合わせているのも特徴と言えるでしょう。

 ボディサイズも全長5030mm×全幅1890mm×全高1475mmと、クラウン4種の中では最も全長と全幅が大きく、最も全高の低いスタイルとなっています。

 サイドビューの印象も、先代モデルに近しいクーペ風のセダンスタイルとなっていて、3000mmという非常に長いホイールベースによって、ゆとりのある後席空間もショーファーユースでも活用されるクラウンらしいものとなっています。

 このような特徴を見るに、新たなクラウンの価値を創造しようとする3つのモデルに対し、新型クラウンセダンは従来のクラウンが持ち合わせていた魅力をさらに昇華させたモデルとも言えます。

 幅広いニーズに応えつつも、従来のユーザーも大切にしたいというトヨタの心意気が伝わってくるモデルと言えるのではないでしょうか。

トヨタ・クラウン のカタログ情報を見る

【画像】「えっ…!」 これが「新型クラウンセダンの内装」です!(99枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

Writer: 小鮒康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後になりゆきでフリーランスライターに転向という異色の経歴の持ち主。中古車販売店に勤務していた経験も活かし、国産旧車を中心にマニアックな視点での記事を得意とする。現行車へのチェックも欠かさず活動中。

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

3件のコメント

  1. セダン?これが?4ドアハッチバックじゃん。

  2. 国内に特化した価値観で作られた高級車が魅力でしたが、値段もその他外車と同じになり選ぶ理由が無くなった。

  3. いつかはクラウンと呼ばれるくらいお年寄りから若者まで車好きでなくてもしってるような車であり憧れでもあり続けた車がもうこんなことになってしまった

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー