まもなくWRC最終戦「ラリージャパン2023」開催! 注目は日本人ドライバー勝田貴元選手! ラリーを通して伝えたいメッセージとは?

2023年11月16日から19日まで、愛知県・岐阜県を舞台にFIA世界ラリー選手権 最終戦「ラリージャパン2023」が開催されます。注目の日本人ドライバーである勝田貴元選手は、大会を通してどのようなことを伝えたいのでしょうか。

まもなく「ラリージャパン」開催 どんな想いで望む?

 TOYOTA GAZOO Racing World Rally Team(TGRWRT)に所属している勝田貴元選手は、WRC(FIA世界ラリー選手権)での活躍しているドライバーです。
 
 2023年11月16日から19日までWRCの最終戦を飾る「ラリージャパン」が開催されます。勝田選手は大会にどんな想いで望み、どういったことを伝えたいのでしょうか。

勝田貴元(かつた たかもと)選手
勝田貴元(かつた たかもと)選手

 モータースポーツはさまざまな競技がありますが、市販車をベースに過酷な環境下で実施されることからもっとも過酷なモータースポーツともいわれ、ファンも多い人気の競技です。

 モータースポーツにはサーキットの中で競うものと、公道も交えて競うものがあります。公道を使う競技で有名なのが、ラリーです。

 その世界最高峰となるのがWRC(FIA世界ラリー選手権)となり、中でも注目の的ともいえるのが、トヨタのラリートップチームTGRWRTに所属している日本人ドライバー、勝田貴元(かつた たかもと)選手です。

 勝田選手は1993年愛知県長久手市生まれ。国内ラリーのパイオニア的存在ともいえる祖父・勝田照夫氏と、全日本ラリー参戦経験のある父・勝田範彦氏を持つラリー一家に生まれました。TGRWRTには2015年から所属しています。

 そんな勝田選手ですが、まもなく開催されるラリージャパンにはどのような意気込みで望むのでしょうか。

 まずは、12年ぶりに開催された前回大会についてこう振り返ります。

「ラリージャパンが復活すると言われてから、色々な状況で開催できなかった状態が続き、ファンもすごく残念だったと思います。

 そんななかで(前回の)2022年が開催できたのはすごく嬉しかったです。ようやく開催されて、応援してくれる人もたくさんいて、そのなかで表彰台を獲得できたのは本当に良かったと思います」

 本来であれば2020年に、10年ぶりの開催となる予定だったラリージャパンは、新型コロナウイルスの感染拡大などにより2年連続で延期に。

 ようやく開催された前回大会では、ラリーファンをはじめ、多くのモータースポーツファンやクルマファンから待ち望んでいたという声も聞かれ、これまでにない注目の大会となりました。

「当時ラリージャパンで結果を出すということも1つの目標として見ていました。

 それは、日本で開催されるとか日本のチームが出るといったことはもちろん、日本人のドライバーが出ているんだよということに注目してほしいと思いました。

 やはり、どんなスポーツでも日本人の選手が活躍すればさらに盛り上がりますし、反対にそういう責任感とかプレッシャーを感じた大会でした」(勝田選手)

 日本人選手として、多方面からの活躍を期待されていたことで、ラリーのことをもっと知ってもらえる反面、結果を残さなければと緊張もあったといいます。

 そうしたなかで、勝田選手は総合3位を獲得。地元愛知県、さらに岐阜県を舞台に表彰台に登るなど活躍を見せました。

 そして今回も、WRC2023年シーズン最終戦として、ラリージャパンは愛知県・岐阜県で開催されます。

「昨年3位表彰台に登っているラリーので、表彰台はもちろん、優勝争いに絡んでいければと思います。

 自分の持っているものをすべて出し切って、いい形で終われるようにしたいです」(勝田選手)

【画像】勝田選手の活躍がスゴい! ド迫力のラリー競技を画像で見る(36枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2 3

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー