新型「車中泊軽バン」初公開! 2トーンカラー&ストライプ内装がめちゃオシャレ! 新型「アルトピアーノミニ」発売

東京ビッグサイトで行われていたジャパンモビリティショー2023のキャンピングカーエリアでは、トヨタの軽商用車「ピクシスバン」を用いた新型キャンパー仕様が初公開されていました。一体どのようなモデルなのでしょうか。

「アルトピアーノ」シリーズ第2弾はオシャな「軽ワンボックスバン」

 東京ビッグサイトでは2023年11月5日まで「ジャパンモビリティショー2023(以下、JMS2023)」が開催されていました。
 
 なかでもキャンピングカーエリアでは、トヨタの軽商用ワンボックスバン「ピクシスバン」をベースにしたオシャレなキャンピングカーが展示され注目を集めていましたが、どのようなモデルなのでしょうか。

ストライプ柄がオシャレ! 初公開された「アルトピアーノ」シリーズ第2弾の新型「アルトピアーノミニ」の内装
ストライプ柄がオシャレ! 初公開された「アルトピアーノ」シリーズ第2弾の新型「アルトピアーノミニ」の内装

 昨今アウトドアや車中泊ブームが続いており、各メーカーではアウトドア需要に対応したクルマを展開しています。

 なかでもトヨタの販売ディーラーであるトヨタモビリティ神奈川では、商用バン「タウンエース バン」をベースにしたオリジナルのキャンピングカー「アルトピアーノ」を製造・販売。

 消費税込の販売価格は282万6000円からと手ごろな価格帯に加え、オシャレな内外装の仕上げや扱いやすいボディサイズなどで、ファミリーユーザーから支持を集めているといいます。

 そんななか、JMS2023のキャンピングカーエリアで、キャンピングカービルダー「ナッツRV」ブースにトヨタモビリティ神奈川が合同出展していたのは、トヨタ初の軽商用車でダイハツ「ハイゼット」のOEM車であるピクシスバンを用いた新型「キャンパー アルトピアーノミニ(以下、新型アルトピアーノミニ)」です。

 会場の担当者によると、新型アルトピアーノミニは今回のJMS2023で本格デビューしたばかりで、パンフレットなどもまだ用意されていないほど、ほやほやのニューモデルだといいます。

 アルトピアーノのコンセプトをそのままに、さらにコンパクトな軽キャンピングカーに仕上げています。

 新型アルトピアーノミニのボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1890mm。ベース車はピクシスバン クルーズ(2WD)です。

 アルトピアーノのボディカラーは、グリーンやベージュといったアースカラー系白を組み合わせた2トーンカラー4パターンを展開していますが、展示されていた新型アルトピアーノミニも同様に、自然に馴染むようなベージュとホワイトのオリジナル2トーンカラーでした。

 内装は、こちらもアルトピアーノと共通イメージのオシャレなストライプ柄のシートが採用され、目をひきます。

 座席は通常走行モードに加え、テーブルをセットして食事やゲームを楽しめるなどのダイネットモード、座席を倒せばフルフラットなベッドモードと3つの快適空間を演出します。

 アルトピアーノでは、テーブルや天井LED照明、コーナーテーブル&収納ラックなどが標準装備されるほか、オプションでは電源ユニットや18リットルの冷凍・冷蔵庫、シャワー付きシンク、また遮光スクリーンやループトップテントなどのアイテムが展開されており、デビューしたての新型アルトピアーノミニにも同様の装備が期待されます。

【画像】めちゃオシャレ! 軽ワンボックスの新型「車中泊」カーを画像で見る(43枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

1 2

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. スズキアルトの派生版と思った。
    紛らわしい名前。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー