車高爆上げ! 日産が「フェアレディZ SUV」を世界初公開!? カッコよすぎる「サファリラリーZトリビュート」米で披露

米国日産は、SEMAショー2023でラリーカーをオマージュした「Z」を世界初公開しました。どのようなモデルなのでしょうか。

ラリーカーをオマージュした「Z」がスゴい!

 日産の米国法人は、2023年10月31日から開催される「SEMAショー2023」で、「サファリラリーZトリビュート」を世界初公開しました。
 
 このサファリラリーZトリビュートは、2022年にデビューした7代目「Z(日本名:フェアレディZ)」をベースにトミー・パイク・カスタムズがカスタマイズを手掛けました。

ド迫力の「サファリラリーZトリビュート」
ド迫力の「サファリラリーZトリビュート」

 1971年のサファリラリーで優勝した「ダットサン240Zラリーカー」をオマージュし、オフロードにおいても、サーキットと同じく爽快な走りを実現するスポーツカーをイメージしたといいます。

 サウスカロライナを拠点とするトミー・パイク・カスタムズは、頑丈でどこにでも行けるZにカスタマイズするため、リフトアップサスペンションを装備するとともに、堅牢性を高め、さらにそれに見合ったドライビングライトや耐久性、性能の向上を実施。

 KW製サファリサスペンションとNISMO製サスペンションパーツを装着することで車高を2インチ(50.8mm)上げ、17×7.5インチのNISMO製サファリホイール(プロトタイプ)に、ダート走行に適したヨコハマGEOLANDAR M/T G003タイヤを装着しました。

 パワートレインやシャシの重要部品を保護するために、フロントバンパーガードとスキッドプレートを新たに採用。NISMOオフロードLEDライトを装着することで、ひどい粉じんのあるエリアやナイトレースの走行にも対応可能です。

 インテリアは、4点式ハーネスを装備したカスタムロールバーや、レカロ製ポールポジションシートを採用しました。

 サファリラリーZトリビュートは、400psオーバーの3リッターV型6気筒ツインターボエンジン(VR30DDTT)に、NISMOトラックキャットバックエキゾーストシステム、コールドエアインテーク、カーボンファイバーエンジンカバー、クーラントエキスパンションタンク、ヒートエクスチェンジャー、ストリートツインディスククラッチとフライホイールを組み合わせています。

※ ※ ※

 SEMAショー2023の日産ブースでは、1971年のサファリラリーで優勝した240Zのビンテージ・レプリカと新型サファリラリーZトリビュートが並べて展示されています。

【画像】「えっ…!」まるでSUV!? これが車高爆上げ「Z」です! 画像を見る(34枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー