WRC注目の日本人ドライバー勝田貴元選手! 根は「ひとりのクルマ好き」! これまでクルマとどう向き合ってきた?

TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamに所属している勝田貴元選手は、これまでどのようにクルマと向き合ってきたのでしょうか。

根はひとりの「クルマ好き」 勝田選手とクルマとは

 TOYOTA GAZOO Racing World Rally Team(TGRWRT)に所属している勝田貴元選手は、WRC(FIA世界ラリー選手権)での活躍が期待されています。
 
 11月の開催が迫る2023年WRC最終戦「ラリージャパン」においても、日本人選手として注目の存在ですが、「ひとりのクルマ好き」であることはラリーファンや一般のクルマ好きと一緒です。勝田選手はクルマとどう向き合ってきたのでしょうか。

勝田貴元(かつた たかもと)選手
勝田貴元(かつた たかもと)選手

 さまざまなモータースポーツがあるなかで、ラリー競技はもっとも過酷なもののひとつに数えられ、屈指の人気を誇っています。

 その世界大会であるWRCで注目の的ともいえる選手が、トヨタのトップチーム TGRWRTに所属している愛知県長久手市出身のドライバー、勝田貴元選手です。

 勝田選手は2015年にラリードライバーへと転向し、TGRラリーチャレンジプログラム(現:WRCチャレンジプログラム)の育成ドライバーとして経験を重ねたのち、2022年に12年ぶりの日本開催となったラリージャパンでは総合3位で表彰台に登りました。

 2023年にはトヨタのトップチームへと昇格を果たし、シーズン第9戦「ラリー・フィンランド」では総合3位を獲得するなど、めざましい活躍を見せています。

 そんな勝田選手ですが、根っこはひとりの「クルマ好き」。ラリーファンやクルマを趣味にしている人と芯は一緒だといえます。

「もともと、祖父(勝田照夫氏)がやっているチューニングショップがあり、物心がついたころからクルマがそばにありました。

 なので、スポーツカーとか競技車両、ラリー競技は近くにあった環境で育ちました。本当に小さい頃からクルマは好きでした」(勝田選手)

 国内ラリーのパイオニア的存在ともいえる祖父・勝田照夫氏と、全日本ラリー参戦経験のある父・勝田範彦氏を持つラリー一家に生まれ、クルマは身近だったようです。

 では、最初に好きになったクルマは何だったのでしょうか。

「僕が小さい頃から好きだったクルマが『80スープラ』なんですよ。その理由が、祖父が乗っていたからです。

 当時の感情までは覚えていないんですが、なんだかカッコいいと思って。そこから『スポーツカー=スープラ』みたいな。そういう考えでした」

 当時の勝田選手はまだラリーを目指していたわけではなく、特段ラリーマシンが好きだったというわけではないようですが、すでに物心ついた頃からはクルマに興味を示していたようです。

祖父・照夫氏のスープラのステアリングを握る貴元選手(画像:勝田貴元公式X(@TakamotoKatsuta)より)
祖父・照夫氏のスープラのステアリングを握る貴元選手(画像:勝田貴元公式X(@TakamotoKatsuta)より)

 では、運転免許を取得後、はじめての愛車とは何だったのでしょうか。

「もともと祖父のチューニングショップがあって、いろいろなクルマを借りていたのですが、自分で買ったクルマはスープラでした」

 照夫氏のスープラを夢見て育った貴元少年は、自身のはじめての愛車として、念願のスープラを手に入れることができました。

「今の愛車は『GRヤリス』ですが、今はフィンランドに住んでいるので、ディーラーさんから提供していただいている『RAV4』に乗っています」

 現在、GRヤリスに乗っているという勝田選手のSNSにはときどき、日本国内で所有している愛車の写真が投稿されています。

 日本に帰国した際には、愛車のGRヤリスでドライブに行くこともあるといいます。

【画像】勝田選手の活躍がスゴい! ド迫力のラリー競技を画像で見る(34枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2 3

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー