曙ブレーキが「ニュルブルクリンク24時間耐久レース用」のキャリパーなどJMS2023で展示へ

曙ブレーキが「ジャパンモビリティショー2023」にブースを出展。ニュルブルクリンク24時間耐久レース用のキャリパーや、CO2発生量50%削減ブレーキパッドなどを展示しています。

機能性はもちろんデザイン性も重視したキャリパーを多数展示

 曙ブレーキが2023年10月26日〜11月5日(一般公開は10月28日から)に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催の「ジャパンモビリティショー2023」にブースを出展しています。

耐久レース用ブレーキキャリパー「NR22」
耐久レース用ブレーキキャリパー「NR22」

 曙ブレーキは、1929年の創業以来「安全と安心を提供する」という使命の下、自動車用や鉄道用をはじめとするブレーキを製造するメーカーです。

 今回初めて出展している注目製品は、ニュルブルクリンク24時間耐久レース用に設計された、耐久レース用ブレーキキャリパー「NR22」だと言います。過酷な使用にも耐えうる高い「機能性」と「デザイン性」を融合し、世界三大デザイン賞3つをすべて受賞するという三冠を達成したとのことです。

 環境負荷低減への開発段階での取り組みについて「CO2発生量50%削減ブレーキパッド」と「Euro 7対応製品」も参考出品しています。「CO2発生量50%削減ブレーキパッド」は、焼き固める製造工程のうち、特に高温となる工程を省くなどの方法により、製造時のCO2発生量と製造時間の約50%の短縮を実現しているといいます。

 開発部門である先行摩擦材開発部部長の日下聡氏は「CO2発生量50%削減ブレーキパッド」について「2023年中に市販キットを発売し、量産設備を2025年に設置後、OEM展開していく予定。ブレーキは重要保安部品でもあり、世の中の実績をベースに少しずつ進化してきた過程があるため、大幅に工法や材料を変えるのは、技術的にもお客さまの理解としても、ハードルはとても高い」と話します。

「Euro 7対応製品」は、大きな技術課題であるブレーキ摩擦材から発生する摩耗粉の削減のための技術開発や、ブレーキパッドの長寿命化への取り組みについて展示しています。

 その他には、高性能車両用新10ポットブレーキキャリパーや、新構造ブレーキキャリパーである「AWP Brake Caliper」を展示。「AWP Brake Caliper」は、2022年5月からの製品市販化に至った新構造のブレーキキャリパーで、純正製品比で20%の軽量化を実現し、車両の燃費向上に貢献するとともに、車両搭載性やデザイン性も考慮した画期的な製品だと言います。

 ※ ※ ※

「ジャパンモビリティショー2023」は、2023年10月26日〜11月5日(一般公開は10月28日から)に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催。曙ブレーキブースは、西3・4ホール(W4113)です。

【画像】コレがブレーキキャリパー? 美し過ぎるブレーキキャリパーを見る(19枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー