国道415号羽咋バイパスが全線開通!「のと里山海道‐能越道」の連絡ルートが改善し能登半島をスムーズ横断

国道415号羽咋バイパスが、全線開通しました。能登半島の付け根を横断するルートの流れが改善します。

近道トンネルが開通

 国道415号の羽咋バイパスが、2023年10月28日に全線開通しました。能登半島の付け根を横断する幹線の残り区間が完成した形ですが、どのようなルートなのでしょうか。

国道415号羽咋バイパスが全通(画像:石川県)
国道415号羽咋バイパスが全通(画像:石川県)

 国道415号は、石川県羽咋市から富山県富山市に至る道路です。

 このうち羽咋市から富山県氷見市にかけては、能登半島の付け根を横断する重要な幹線であり、のと里山海道の千里浜ICと能越道の氷見ICを直結するルートにもなっています。

 しかし、羽咋市内は中心部を通過することから、朝夕の通勤時間帯や観光シーズンは慢性的に混雑し、流れが悪くなっていました。

 羽咋バイパスは、羽咋市の兵庫町から神子原町に至る延長7.4kmの道路で、交通の円滑化や地域間交流の強化が期待されています。

 1996年に事業着手し、これまでに西側の1期区間3.7kmと、東側の2期区間3.7kmのうち約1.7kmの整備が完了しています。

 今回は、杉野谷北交差点(国道159号との交点)から終点・神子原町にかけての2期残り区間が完成。国道159号を経由せずに羽咋トンネル(延長661m)で国道415号同士がつながり、のと里山海道や能越道へのアクセスが向上します。

【地図】能登半島のヨコ軸完成!「羽咋バイパス」の完成ルートを地図で見る(18枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー