ホンダ「新型“画期的”軽バン」投入間近! 従来タイプとは違う「充電待ちゼロ」のEVが登場

ホンダの「MEV-VANコンセプト」が、「ジャパンモビリティショー2023」に登場しました。どのようなモデルなのでしょうか。

「MEV-VANコンセプト」をJMSに展示

「ジャパンモビリティショー2023」(JMS2023)のホンダブースに、軽商用EV「MEV-VANコンセプト」が展示されています。どのようなモデルなのでしょうか。

JMS2023で展示されたホンダ「MEV-VANコンセプト」
JMS2023で展示されたホンダ「MEV-VANコンセプト」

 MEV-VANコンセプトは、交換式バッテリー「モバイルパワーパックe:」8本を搭載した電動パワーユニットで走る軽EVです。

 日中に太陽光で発電した電気(再生可能エネルギー)を充電した交換式バッテリーを使うことで、充電による待機時間の削減や電力使用ピークの緩和など、より効率的なエネルギーマネジメントの実現に貢献するといいます。

 ホンダとヤマト運輸は、2023年11月から群馬県で、このMEV-VANコンセプトを使った集配業務の実証を開始する予定です。

 ホンダは、2050年に全ての製品と企業活動を通じたカーボンニュートラルの実現を目指すとしており、この実現に向けた取り組みの一つとして、モバイルパワーパックe:を用いて電動モビリティの拡充を図るほか、再生可能エネルギーを用いた電力の利用拡大を進めているといいます。

 ヤマトグループは、「2050年温室効果ガス自社排出量実質ゼロ」と「2030年温室効果ガス自社排出量48%削減(2020年度比)」の実現に向けて、EV2万台の導入、太陽光発電設備810基の導入、ドライアイス使用量ゼロの運用構築、再エネ電力の使用率を全体の70%まで向上させるという主要施策を中心に、各取り組みを進めているとしています。

 こうしたなかで両社は、ホンダが2024年春に発売を予定している新型軽商用EV「N-VAN e:」の集配業務における実用性を2023年6月から検証するなど、サステナブル(持続可能)な物流の実現に向けた実証を進めてきたと説明します。

 しかし一方で、EV導入時の充電時間や、夜間の一斉充電による電力使用ピークの偏りなど様々な課題も存在。交換式バッテリーは、その課題を解決するものとして期待されています。

※ ※ ※

 ジャパンモビリティショー2023は、東京ビッグサイト(東京都江東区)で11月5日までの開催です。

ホンダ・N-VAN のカタログ情報を見る

【画像】「えっ…!」 これが充電いらずの「スゴい仕組み」です!(43枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー