トヨタ新型「“全長5m超え”ハイエース」世界初公開! 斬新シフト&“1人乗り”仕様!? 「GLOBAL HIACE」実車展示に様々な声

2023年10月25日、トヨタ車体は「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」で、新型「GLOBAL HIACE BEV CONCEPT (新型グローバル ハイエース)」を世界初公開しました。全長5mを超える大きなハイエースに、様々な反響が集まっています。

ちょっと大きい? トヨタ新型「グローバル ハイエース」に様々な反響

 2023年10月25日、トヨタの子会社でハイエースやランドクルーザーなどの生産・開発などを行うトヨタ車体は、「JAPAN MOBILITY SHOW 2023(以下JMS2023)」にて、新時代の新型商用バン「GLOBAL HIACE BEV CONCEPT (以下新型グローバル ハイエース)」を世界初公開しました。
 
 日本では販売されない“300系”のハイエースをベースとした同車に、様々なコメントが集まっています。

これが”未来系ハイエース”!? トヨタ新型「GLOBAL HIACE BEV CONCEPT」
これが”未来系ハイエース”!? トヨタ新型「GLOBAL HIACE BEV CONCEPT」

 ハイエースといえば、商用車として長く愛されてきた1BOX型バン。一方近年では、アウトドアレジャーや車中泊などを楽しむ一般の個人ユーザーからも絶大な支持を集めています。

 現在日本で販売されているのは、2004年デビューの5代目ハイエース(200系)ですが、国外ではすでにこの後継モデルである6代目の“300系”ハイエースが販売されています。

日本では、この300系ハイエースをベースとした大型ワゴン「グランエース」が販売されるものの、300系ハイエース自体は主な用途に対し大きすぎるためか販売されておらず、200系ハイエースの販売が20年近く続いています。

 今回トヨタ車体が、JMS2023にて世界初公開したのは、そんなハイエースの名前を関する新型グローバル ハイエース。

 同車についてトヨタ車体は「先進的なデザインと大空間、使いやすさを兼ね備えた次世代BEV(バッテリーEV)バン」と定義しています。

 新型グローバル ハイエースは300系ハイエースベースにBEV化したモデルで、用途に合わせバッテリーを2層もしくは1層から選択可能。積載は多少少なくても航続距離を伸ばしたい場合は2層、航続距離は多少短くても積載性を高めたい場合は1層といったようにフレキシブルな選択が可能です。

ボディサイズは全長5280mm×全幅1950mm×全高1990mmと、ほぼ300系ハイエースと同等。ホイールベース3210mmです。

 室内の寸法は、長さ3490mm×幅1715mm×高さ1270mmと広大で、乗車定員は1名。助手席エリアまでカーゴスペースとすることで、約3.5m の長尺物を積載可能としています。

 エクステリアは、300系をほぼ踏襲していますが、フロントはグリルレスとなっており、BEVらしい顔つきとしているほか、最新のトヨタ車のデザインである“ハンマーヘッド”のようなシャープなヘッドライト周りが特徴的で、まさに未来の“次期型ハイエース”といった装いです。

 さらに、ボディ下部が黒く塗装されているほか、ホイールもブラック塗装が施されており、SUVのようなタフ感も演出されています。

 インテリアの基本的なレイアウトは、ほとんど300系と同様ですが、メーターパネルがデジタル表示となっているほか、シフトレバーが廃され、トヨタのEV車に用いられるダイヤル式のシフトセレクターに置き換わっています。

 また、多様化するドライバーに配慮され、静粛性や乗降性が高められているほか、全長5mを超える巨体ながら、最小回転半径 5.5mに抑えられていることも特筆すべき点です。

 このほか、使いやすさも追求されており、フラットフロアで、ウォークスルーが可能な作りとなっており、荷物を楽に移動できる専用カートも付随。コネクティッドを活用した配達効率の向上(配送ルートの最適化、次に配達する荷物の積載位置表示)も想定しています。

※ ※ ※

 そのカラーリングから2017年に開催された第45回東京モーターショー2017に、トヨタ車体が参考出品した「LCV CONCEPT」が想起されますが、実際同モデルの新たな“進化系”として提案されるのが新型グローバル ハイエースです。このクルマについてSNSなどでは様々な反響が集まっています。

「カッコイイ」「素晴らしい設計」など称賛の声がある一方で、「5m超えだと現場に行けない…」「ちょっと大きすぎる…」というサイズに対する懸念も目立ちます。

 また、「200系がやっぱり日本にはあってるかも」「200系は200系で安全性が心配」「併売にするべき」など様々な意見も飛び出しました。

 新型グローバル ハイエースの市販化について、トヨタ車体の担当者は「ユーザーの反応をみて検討していく」としており、今後の動向に注目です。

トヨタ・ハイエース のカタログ情報を見る

【画像】超カッコイイ! ”次期型ハイエース”こと新型「グローバル ハイエース」を画像で見る(50枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シートアレンジ
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シートアレンジ
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シート[写真は2017年11月一部改良モデルで最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シートアレンジ
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シートアレンジ
トヨタ ハイエースバン スーパーGL(標準ボディ・2WD ディーゼル車) 内装・インパネまわり[写真は2020年一部改良時のモデルで最新モデルとは細部が異なります]

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 新型ハイエースハイルーフメチャ良いね。価格メチャ高いんだろーな。でも欲しいな。ローダウンしたら絶対良いよネ。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー