日産が新型「GT-R」世界初公開!? 丸目4灯テール&Rロゴ風デザイン採用! 1300馬力超え最強スーパーカーに「これを待っていた!」の声も

日産はGT-Rの色合いに似たロゴやリアに丸目4灯テールライトを採用する次期型「GT-R」のような「ハイパーフォース」を「ジャパンモビリティショー2023」で世界初公開しました。

もう…どう見ても次期「GT-R」じゃん!

 2023年10月25日に日産は「ジャパンモビリティショー2023」にて、GT-Rの色合いに似たロゴやリアに丸目4灯テールライトを採用する次期型「GT-R」のような「ハイパーフォース」を世界初公開しました。
 
 このデザインを見たユーザーからはどのような声が寄せられているのでしょうか。

もうこのリアデザインは「GT-R」でしょ!
もうこのリアデザインは「GT-R」でしょ!

 ハイパーフォースは、低くワイドに構えたスタンスで、なめらかな曲線とボディパネルの大胆な幾何学模様をシームレスに融合させたデザインが高いパフォーマンスを予感させる見た目をしています。

 フロントデザインやキャビンシルエット、丸目4灯のリアコンビネーションランプなどは、日産のハイパフォーマンスカーのデザインDNAを織り込んだといい、まさに日産が誇る「GT-R」を思わせる佇まいです。

 また「ハイパーフォース」のエンブレムは「GT-R」の色合いを模しているようにも見え、遠目に見ればもはやGT-Rエンブレムが付与されている印象を受けます。

 さらに強力なダウンフォースを生み出す空力設計は、NISMOレーシングチームと共同開発しました。

 フロントボンネット下に2段に分かれた空力構造を採用することで、強力なダウンフォースと、高い冷却性能を両立。

 ドアウインドウ後方から取り入れた空気は、リアトランク上部で整流し、日産として新たに採用した二重構造ディフューザーが、車体の前方から後方にかけての空気の流れを最適化します。

 さらにフロントカナード、フロントフェンダーフリップ、リアウイング両端に採用した独自のアクティブエアロ機能に加え、新開発のプラズマアクチュエーターが空気の剥離を抑えることにより、コーナリング時の内輪のリフトを最大限抑えながらグリップ力を最大化。

 また、軽量かつ高強度のカーボンホイールは、立体感のある特徴的なデザインで、空力とブレーキ冷却性能を向上させています。

 パワーユニットは究極のドライビングプレジャーを追求しながら、高い環境性能と日常での快適性を兼ね備えた次世代の高性能スーパーカーです。

 最適な重量バランスで搭載した全固体電池と高出力モーターのパワートレインは、最大出力1000kWを発生し、圧倒的な加速力を発揮。

 強力なダウンフォースを生み出す空力設計、進化した電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE」、高強度カーボンを活用した軽量化車体により、サーキットやワインディングロードで今までにないコーナリング性能と卓越した操作性を実現すると言います。

 また走行モードでは、「R(レーシング)モード」というサーキットなどを走行する際に意のままにクルマを操りながら最高のパフォーマンスを発揮できるモード。どこまでも快適に走れる「GT(グランドツーリング)モード」の2種類のドライブモードを設定しています。

 Rモードでは赤いライティングで彩られたインストルメントパネル全体がドライバーに向かってせり出し、直感的な操作がしやすいコックピットに変化し、ステアリング周りに配置された4画面には、4輪それぞれのタイヤ温度、空気圧、ブレーキローター温度、駆動力配分をリアルタイムで表示します。

 GTモードでは、インストルメントパネルのライティングが青色へと変化し、Rモードで4分割されていたステアリング周りの画面を統合。エアコンやオーディオに加え、サスペンションやスタビライザーのセッティングなど、グランドツーリングに最適な情報を表示します。

 なお、サスペンションとスタビライザーについては、走行中でも画面上で簡単かつ直観的に操作してチューニングできる世界初のシステムを採用する他、運転席と助手席にはスポーツ走行で乗員を最適にホールドし、快適に長距離ドライブも楽しめる、軽量で高剛性なカーボン製シートと、4点式のシートベルトを採用しています。

 さらに、スポーツ走行用にチューニングされた最先端のLiDAR技術を採用した自動運転技術により、公道でもサーキットでも高い安全性を追求。また、自動運転時には、安心して快適なドライビングを楽しむことができます。

 今回のハイパーフォースについて、日産の社長兼CEOの内田誠は次のように述べています。

「今回発表した『ニッサン ハイパーフォース』をはじめとする5台のコンセプトカーは、創立時から受け継ぐ『他のやらぬことをやる』という精神を体現し、日産が目指す未来を象徴しています。

 日産はモビリティの枠を超えたEVのイノベーションを推進し、お客さまの夢や情熱に決して妥協することなく、よりクリーンで安全でインクルーシブな世界を実現することを目指しています。

 私たちはこれからも、すべての人がワクワクするモビリティで楽しむことができる未来を、イノベーションの力で皆さんとともに創造していきます」

※ ※ ※

 そんな次期GT-Rのようなハイパーフォースですが、ユーザーからは「次期GT-R、これを待っていた!」、「次期GT-Rを思わせるEVスーパーカー」、「丸型テールランプといい、ロゴの色といい次期GT-Rだよね?」という声が見られました。

 さらには「ハイパーフォースの横のデカールがR30のオマージュみたい」と細かな部分まで注目するユーザーもいくつか見受けられます。

【画像】「えっ…!」これが次期GT-R! 丸目4灯テールを採用! デザインを画像で見る!(50枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

14件のコメント

  1. フロントの切り方はハコスカのラインを意識したものなんですかね。カッコイイですね。

  2. 昭和の街道レーサーw

  3. スカイライン・シルエットを意識したのかな?
    まあ、ダサイね。
    現行V35はヨーロッパ車には無い日本独特のデザインが個人的には好き。
    今の流れのままでブラッシュアップしてポルシェのようにずっと同じアイデンティティーを保ち続けて欲しい。

    • まああえて国際的ショーで、ガンダム色を強く出しただけだと思うのだが、

  4. う、かっこわり・・・。 それよりもスカイラインGT-Rを出してくれ。 直6でマニュアルも忘れずに。 大体馬力が出すぎだからマニュアルで制御できないんだし、元32R乗ってたんだがあの頃に戻りたい。

  5. ダサ。
    こんなダサい車いらん。
    R35ですら、デザインダサいのに、さらなる愚作。
    日産も地に落ちたな。

    Zだって、ある意味、マイナーチェンジみたいなもんだし。
    そもそも、発表しても売る気のない車に、価値は無い。

  6. 残念。。(-_-;)

  7. クーペスタイルなのはGTRだけならば、スカイラインを諦めないと宣言した星野さん。日産GTRは
    スカイラインのもとに返してやるべきだろう。丸4テールランプはGTRじゃなくケンメリからのスカイラインのアイデンティティだからね。SUVだけのスカイラインなんてその1種類ならばトヨタクラウンと違って改名をすべきだよ。

    • 個人的にはGTRはあくまでもスーパースポーツで、スカイラインは羊の皮を被った狼(セダンもアリ)だと思うのだが・・。

  8. ドアミラーちっさ ボディもひでえデザインだな

  9. ステルスカーですか

  10. 私の感想では、「ありえない」と「段ボールで作るには、簡単そうな車」だと思う。
    まあ、これをトップがOKを出したから作られたと思いますが、先が見える。

  11. コンセプトカーとしてもイケてない

  12. もうGTRではないと言い張らず、どう見ても近未来のGTRなのだからそう名乗った方が誠意を感じると思うのだが・・。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー