トヨタ新型「スポーティSUV」11月発売! 鮮烈レッド×ブラックは“10万弱”!? 超豪華「フルオプション」仕様はいくら?

トヨタが2023年10月6日に発表した新型「クラウンスポーツ」ですが、メーカーオプションをすべて選択するといくらになるのでしょうか。

新型クラウンスポーツの「フルオプション」 いくらに?

 トヨタは2023年10月6日、新型SUV「クラウンスポーツ」を発表しました。
 
 そんなクラウンスポーツに、選択できるメーカーオプションをすべて装着すると、いったいいくらになるのでしょうか。

フルオプション仕様はいくらになる?
フルオプション仕様はいくらになる?

 16代目となった新型「クラウン」シリーズは2022年7月に発表されました。従来から踏襲されてきた「クラウンセダン」のほかに、新たに3タイプが設定されることが特徴です。

 まずはセダンとSUVを融合した「クラウンクロスオーバー」が2022年9月に発売され、続く第2弾として新型クラウンスポーツが登場。2023年11月の発売を予定しています。

 新型クラウンスポーツは、5ドアのクロスオーバーSUVスタイルを持ちます。

 トヨタはクラウンスポーツについて「エモーショナルで創造的な雰囲気を持ち、乗り降りや運転のしやすいパッケージと共に、俊敏でスポーティな走りが楽しめる、新しいカタチのスポーツSUV」だと説明します。

 ボディサイズは、全長4720mm×全幅1880mm×全高1565mmで、国内で販売されるトヨタ車で比較すると、ミドルサイズSUVの「ハリアー」(全長4740mm×全幅1855mm×全高1660mm)とほぼ同等です。

 スポーツという名称の通り、4タイプ中もっとも走りに特化したモデルとして、専用サスペンションや抑揚のあるエクステリアデザインを採用。

 リアデザインはほかのクラウンシリーズとは異なり、ブラックガーニッシュを配したうえ、左右2灯ずつの4灯タイプを採用するなど、スポーティな印象を高めました。

 パワートレインはHEVモデルとPHEVの2タイプを用意し、いずれのモデルも駆動方式は4WD(E-Four・電気式4WDシステム)となっています。

 HEVモデルは、クラウンクロスオーバーと同様の2.5リッターガソリンエンジン+モーターのパラレル式ハイブリッドを採用。システム最高出力は234PSを発揮します。

 一方、PHEVモデルは2.5リッターガソリンエンジンに大容量バッテリーを組み合わせ、日常生活の大部分をEV走行でカバーできるといいます。

 ラインナップは「SPORT Z」(590万円)のモノグレードとなっており、12月にPHEVモデルが発売予定です。

 このSPORT Zグレードに選択できるメーカーオプションを見ていきます。

 まずボディカラーですが、11種類が用意されるなかで、有償色は8色。このうち、ブラック×プレシャスホワイトパール、ブラック×エモーショナルレッドIII、ブラック×プレシャスブロンズの3色は9万9000円がプラスされます。

 世界初公開時から、ブラック×エモーショナルレッドIIIの2トーンカラーが披露されており、もっともクラウンスポーツを印象づける色として、このカラーを選択します。

 続いて、装備を選択していきますが、クラウンスポーツはモノグレードでありながらも基本的な装備は標準となっており、メーカーオプションとして用意されるものはわずかです。

 一方でメーカーオプションの定番ともいえるパノラマルーフ(電動シェード&挟み込み防止機能付)は11万円で用意されるほか、標準装備のコネクテッドシステムに機能を追加することで、スマートフォンがキー代わりになるデジタルキーを3万3000円で設定しています。

 さらに、寒冷地仕様としてウインドシールドデアイサー、ミリ波融雪機能などを含めたパッケージが用意されています。こちらは2万2000円です。

 これに、ディーラーオプションとして定番のフロアカーペット、ドアバイザーを選択すると、装着されるオプションは以下のとおりです。

●メーカーオプション(総額26万4000円)
 ・有償色(ブラック×エモーショナルレッドIII):9万9000円
 ・パノラマルーフ(電動シェード&挟み込み防止機能付):11万円
 ・デジタルキー:3万3000円
 ・寒冷地仕様:2万2000円

●ディーラーオプション(総額10万100円)
 ・フロアマット(エクセレントタイプ):6万7100円
 ・サイドバイザー バイトーン用:3万3000円

 以上のオプションを装備した結果、新型クラウンスポーツ SPORT Zの車両本体価格は626万4100円となりました。

※ ※ ※

 選択できるオプションが少ないクラウンスポーツですが、モノグレードの設定でも装備が充実しているといえます。

 一方で、オプションを選択すると630万円近くにもなり、同クラスだとハリアーの最上級モデル「ハリアー Z(PHEVモデル)」(620万円)やレクサス「NX」のうちハイブリッドの上級モデル「NX350h バージョンL」(617万6000円)なども視野に入ります。

 なお12月に登場するクラウンスポーツのPHEVモデルについては価格や装備などが明らかになっていませんが、ハイブリッドモデルよりも高額になるとみられ、さらに上級モデルに位置すると考えられます。

【画像】これはカッコイイ! トヨタ新型「クラウンスポーツ」を画像で見る(96枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー