トヨタが新型「bB」を復活!? 箱型「ワル系」小型ワゴンの発表に「懐かしい」「車中泊できそう!」と期待大!

トヨタは「ジャパンモビリティショー2023」に「KAYOIBAKO(カヨイバコ)」を出展します。箱型ボディで様々な使い方を提案する中、懐かしい車名を冠した「bBコンセプト」の名も。これに対し多くの人がSNSなどで反応を示しています。

商用のみならずプライベートでの活用も提案する「カヨイバコ」とは

 トヨタは第1回「JAPAN MOBILITY SHOW 2023(ジャパンモビリティショー2023:JMS2023)」(一般公開:10月28日から11月5日)で、ハコ型モビリティのコンセプトカー「KAYOIBAKO(カヨイバコ)」を世界初公開します。
 
 その使い方のひとつとして「bBコンセプト」の名が提案されたことから、SNSなどでは多くの反響が寄せられています。

トヨタ「bB」が復活!? コンセプトカー「KAYOIBAKO(カヨイバコ)“bB+ CONCEPT”」のリアまわり
トヨタ「bB」が復活!? コンセプトカー「KAYOIBAKO(カヨイバコ)“bB+ CONCEPT”」のリアまわり

 コンセプトカーのカヨイバコは、箱型ボディを持つコンパクトなバッテリーEV(BEV:電気自動車)。

 トヨタは「“好きなときに・好きな場所で・好きなことができる”モビリティの未来を実現するコンセプトモデル」だと説明します。

 トヨタではそんなカヨイバコのイメージ画像を複数公開し、ビジネスからプライベート用途まで、多様な活用法について提案しています。

 なかでもプライベート用途では、様々なシーンを紹介しています。

 ひとつは、オフロードタイヤやルーフキャリアなどを備えた「アウトドア仕様」にカスタマイズされたモデルです。

 湖畔でカヌーやキャンプを楽しむシーンや、屋根にスノーボードなどを積み込んだカヨイバコが雪原に乗り入れるシーンなどを紹介し、遊びの道具として大活躍している様子が伝わってきます。

 一方で、アウトドアとは真逆の夜の都会に置かれた黒いカヨイバコも紹介されています。

 こちらはローダウンとワイドタイヤ、大径ホイールを組み合わせた“ワル”っぽいバージョンとされ、フロント中央部には「bB+ CONCEPT」の文字が点灯していることが確認できます。

 この「bB」とは、トヨタが2000年から2016年まで2世代にわたり発売していたコンパクトハイトワゴンの車名です。

 エアロパーツを装着し迫力を増したカスタムグレードをメインに訴求するなど、若いユーザーを主なターゲットに見据えた戦略が支持され、デビュー早々から人気モデルとなりました。

 今回公開されたカヨイバコ“bB+ CONCEPT”の姿も、そんな初代bBをカスタマイズした雰囲気を想起されるものとなっています。

 トヨタの担当者は懐かしい車名の起用に対し、次のように説明します。

「かつてトヨタで販売していた『bB』を思い起こさせるようなイメージとしたことで、KAYOIBAKOは“アソビ”も出来るというひとつの提案として使いました」

 そんなカヨイバコ“bB+ CONCEPT”に対し、SNSなどではさっそく多くの反響が寄せられています。

【画像】めちゃカッコいい! トヨタ新型「bB」を画像で見る(50枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

3件のコメント

  1. サイバーパンク2077に出てきそう

  2. 今も初代b B後期型、新車から乗ってます。
    b B復活を知り正直興味がありますけど
    愛着がある今乗ってるb Bも手放したくないのもあります

  3. bB代車で乗りました…四日市→松阪出張、名古屋に゙ライブ見に行ってから、実家の京都→週末は堺のビッグiって所でパンクのフェスに゙…
    で、堺から四日市へ行こうとして訳の分からない山道に゙突入したんですが、山道が楽しい。宇治→四日市では「エエやん」だったんですが、奈良の下?→四日市に゙行こうとしてシフト操作でエンブレ→フェスでボーカル担いだのもありシフトミス!!で急ブレーキの思い出…それでも楽しかったです…

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー