「バス中泊」スポット誕生! 待合所で食べてバス車内で寝る…ボタンも押し放題な“斬新”宿泊施設とは

バスの案内所と車両をリノベーションした宿泊施設「ばすてい」が、静岡県西伊豆町に誕生します。

静岡・西伊豆に開業

 路線バスに泊まる、車中泊ならぬ「バス中泊」スポットが静岡県西伊豆町に誕生します。どのような体験ができるのでしょうか。

「ばすてい」のバス車両(画像:小田急電鉄)
「ばすてい」のバス車両(画像:小田急電鉄)

 小田急グループの東海自動車は2023年10月17日、“バスと過ごす”をコンセプトとする宿泊施設「ばすてい」を11月17日に開業すると発表しました。

 西伊豆町にある築73年の旧宇久須(うぐす)案内所と、路線バスとして活躍した中型バス車両を一体的にリノベーションし、宿泊施設にしたものです。

 旧宇久須案内所は、1950年完成の木造亜鉛メッキ鋼板葺平屋建ての建物で、延床面積は71.90平方メートル(21.75坪)。かつて鉄道との直通乗車券を販売する「宇久須駅」として使われてきましたが、2022年3月31日に案内所としての役目を終えました。

 待合室だった場所は飲食できるダイニングルームに変身。内装の見た目はほとんど変わらず、木のベンチや、図書室のように本を自由に手に取れる本棚も復元されます。

 案内所のカウンターと事務室だった場所はキッチンに変わり、当時の名残ある空間で調理が可能に。また、食材を事前予約すると、地域の民宿や漁協の協力のもと海の幸を盛り込んだ食材セットが用意されます。

 倉庫などとして使われていた部屋は、浴室・トイレ・洗面などの設備とベッドルームに変わっています。

 バス車両は、東海自動車の子会社である東海バスが所有していた、いすゞ「ジャーニー」(初年度登録1999年)を再利用します。

 外観は、伊豆半島各地を走っていたかつてのレトロカラーに塗装。

 車内は、中央から後方に、座席を向かい合わせたボックス席やベッドを設け、走るバスにはない「唯一無二の空間」に。さらに、運転席に座ってハンドルや行先表示ボタンを操作したり、降車ボタンを何度も押すなど、普段の乗車時にはできないような体験ができるといいます。

 宿泊は1棟1台貸し切りで3万4000円(税込。食事は別途)、定員5人(建物2人+バス3人)。予約から現地でのチェックイン・チェックアウトの手続きはインターネットで完結します。

 予約受付は東海バスのウェブサイトで11月10日正午から始まります。

【写真】案内所とバス車内にベッド! 斬新「バス中泊」施設を写真で見る(8枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー