精悍顔採用のマツダ“新”「軽ワゴン」発表! 「材料高騰」で価格改定も実施 改良モデルの「フレア」10月下旬に発売 約148万円から

マツダは2023年10月12日、軽ハイトワゴン「フレア」を改良し、10月下旬に発売すると発表しました。どのような点が改良されたのでしょうか。

法規対応に伴う改良を実施 価格も見直し

 マツダは2023年10月12日、「フレア」を改良し、10月下旬に発売すると発表しました。
 
 法規対応に伴う仕様変更だといいます。

法規対応のため改良になった「フレア」
法規対応のため改良になった「フレア」

 フレアは「ワゴンR」としてスズキから販売されている軽ハイトワゴンのOEM車で、当初は「AZワゴン」として販売されていましたが、通算5代目となる先代からフレアに名称が変更されています。

 現行型は6代目で2017年に発売。基本的にはワゴンRと共通ですが、フレアではマイルドハイブリッド搭載モデルのみのラインナップとなっています。

 2022年9月には、ワゴンRのマイナーチェンジに伴いフレアも内外装を刷新し、全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロールや車線逸脱防止機能を追加。また、ワゴンRでは当初から設定されていたターボエンジン搭載グレードが新たに設定されました。

 今回の改良では、全モデルのメーター内に「リアパーキングセンサー作動表示灯」を追加するなど、「後退時車両直後確認装置」の保安基準改正に伴う仕様変更を実施しています。同様の改良はワゴンRにおいても10月2日に実施されています。

 また、原材料価格の高騰や仕様変更に伴い、車両本体価格が変更されており、全モデルで9万2400円値上げしています。

 フレア改良モデルの価格(消費税込)は147万8400円から192万3900円です。

マツダ・フレア のカタログ情報を見る

【画像】めちゃカッコイイ! マツダ主力軽「フレア」を画像で見る(14枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー