シャコタン化は順調!? トヨタ新型「ヴェルファイア」にド迫力“エアロ仕様”追加 クールジャパンがパーツ開発中

トヨタの新型ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」を対象とした専用エアロパーツを、KUHL JAPAN(クールジャパン)が開発中。今回はボンネットスポイラーが完成しました。

ボンネットスポイラーが完成

 KUHL JAPAN(クールジャパン)は2023年10月9日、トヨタ新型「アルファード」「ヴェルファイア」の専用エアロパーツの開発状況を公開。あわせてボンネットスポイラーが完成したことを報告しました。

KUHL JAPANが開発中のエアロパーツを装着したトヨタ新型「ヴェルファイア」のイメージ(画像:KUHL JAPAN公式サイトより)
KUHL JAPANが開発中のエアロパーツを装着したトヨタ新型「ヴェルファイア」のイメージ(画像:KUHL JAPAN公式サイトより)

 2023年6月、トヨタは新型ミニバン「アルファード/ヴェルファイア」を発売しました。

 アルファードは、ミニバンブームの2002年に高級志向のユーザーに向けた「トヨタの最高級ミニバン」として誕生。その後、2008年にはアルファードがフルモデルチェンジして2代目に進化するとともに、より個性を求めるユーザー向けにヴェルファイアが誕生しました。

 今回のフルモデルチェンジで、アルファードは4代目、ヴェルファイアは3代目となりましたが、なかでも3代目の新型ヴェルファイアはベースグレードでも655万円からと価格が大幅に上昇し、高級車にふさわしい上位モデルへと進化しています。

※ ※ ※

 様々な国産車のカスタマイズパーツを展開しているKUHL JAPANは、そのような新型「アルファード/ヴェルファイア」の専用エアロパーツを開発中です。

 第1弾アイテムとして、フロントディフューザー、サイドディフューザー、リアディフューザー、レーシングボンネット&トップフードなどをデザイン中。

 同社が公開しているこれらを取り付けたヴェルファイアのイメージは、大柄なミニバンながらスポーティな印象と変化しているほか、極端なローダウンが施され迫力あるスタンスへと変貌しています。

 そして今回は、ボンネットスポイラーが完成。アルファード/ヴェルファイアのフロント上部を前方や下方へひさしのように延長し、スポーティかつ“バッドフェイス”な印象へと変えるアイテムです。

 また、新型ヴェルファイアのフロント・サイドディフューザーのクレイ造型の様子も公開しています。

 エアロ厚を15mmに設定し、ボディに負けないフロントフェイスの力強さを意識。サイドも15mm厚で設定し、車幅を超えないギリギリのラインまで広げています。

 KUHL JAPANによると、エアロパーツの開発は順調に進んでいるとのことで、新型アルファード・ヴェルファイアがどのようなクルマとなるのか、注目です。

トヨタ・アルファード のカタログ情報を見る

トヨタ・ヴェルファイア のカタログ情報を見る

【画像】超コワ面! トヨタ新型「ヴェルファイア」のド迫力エアロ仕様を画像で見る(100枚以上)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー