新型「Gクラス」日本初公開へ! 光るド迫力グリル採用の「EQG」に新型「爆速セダン」も登場! メルセデス・ベンツがコンセプトカー5台を実車展示へ

メルセデス・ベンツ日本は2023年10月6日、10月25日から開催される「ジャパンモビリティショー」の出展概要を発表しました。日本初公開モデルを含めた5台が出展されます。

新型「Gクラス EV」も登場! 日本初公開モデルは2台

 メルセデス・ベンツ日本は2023年10月6日、10月25日(一般公開は28日)から11月5日まで東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「ジャパン モビリティ ショー2023」の出展概要を発表しました。

JMSでメルセデス・ベンツ新型「EQG」が日本初公開に
JMSでメルセデス・ベンツ新型「EQG」が日本初公開に

 メルセデス・ベンツのブースでは、「Electrification, Digitalization, Sustainability」をテーマに、EVコンセプトモデルやF1マシンの技術を採用したプラグインハイブリッドのスポーツモデルをはじめとするラインアップ計5台を展示予定です。

 このうち、今回日本初公開となる「コンセプトEQG」は、本格四輪駆動車「Gクラス」をベースにしたEVコンセプトモデルで、2021年9月5日にドイツで開催された「IAAモビリティ2021」で、今後のラインナップ電動化を示すとともに世界初公開されていました。

 エクステリアは登場時から現在に至るまで踏襲されてきたGクラスのデザインを受け継いだ一方、ボディカラーは上部がブラック、下部がシルバーの特徴的なツートンカラーを採用。

 側面中央に装備されているモールはイルミネーションを内蔵し、視覚的に目立つデザインとしています。

 フロントグリルはメルセデス・ベンツのEV各モデルと共通するブラックパネルグリルを備え、中央部には3D効果のあるイルミネーションスターをアクセントとして用いました。

 グリル周囲には、囲うように光るイルミネーションが配されたほか、Gクラスの特徴である丸いヘッドライトの周囲にもデイタイムランニングライトを装備し、先進感を表現しています。

 リアは通常ではテールゲートに装備されているスペアタイヤカバーが廃止され、代わりに白いアクセントイルミネーションを装備する収納ボックスを装着しています。

 フレームはGクラス同様に堅牢なラダーフレームとなっており、独立懸架サスペンションやリアのリジットアクスルなど、オフローダーとして妥協なく仕上げたといいます。

 パワーユニットは4輪それぞれに個別制御可能なモーターを配し、副変速機を設けることでGのオフローダー要件を持たすと説明しています。

 また、ミディアムセダン「Cクラス」をベースに、メルセデスのハイパフォーマンスモデルを手掛けるメルセデスAMG社による「C63 S E PERFORMANCE」も日本初公開となります。

 このほか、フラッグシップセダン「Sクラス」のAMGモデル「S63 E PERFORMANCE」、フラッグシップEVセダン「EQS」の特別仕様車「EQS 450+ Edition1」、ミディアムサイズEV「EQE SUV」の特別仕様車「EQE 350 4MATIC SUV Launch Edition」も展示されます。

【画像】めちゃカッコイイ! 新型「EQG」を画像で見る(34枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー