スズキが新型「“超凄い”ワゴンR」実車展示へ!? 軽規格を超えた「独自ボディ」で燃料は「牛のフン」!? 激レアモデルを東京でお披露目へ

2023年10月3日、スズキはジャパンモビリティショー2023において、インドで展開される圧縮バイオメタンガス(CBG)事業を紹介するとともに、CBG燃料を用いて動く「ワゴンR CBG車」を出展します。

カーボンニュートラルに向けた取り組みは「ひとつ」じゃない!

 スズキは2023年10月3日、10月28日から一般公開予定の「JAPAN MOBILITY SHOW 2023(ジャパンモビリティショー2023)」における、同社ブースの出展概要を発表しました。
 
 次期「スイフト」や「スペーシア」などのコンセプトカーが出展されるほか、インドで展開される圧縮バイオメタンガス(CBG)事業と、その燃料を用いて動く「ワゴンR CBG車」も紹介されます。

軽規格を超えた「独自ボディ」!? JMS2023に出展される特別なスズキ「ワゴンR」とは
軽規格を超えた「独自ボディ」!? JMS2023に出展される特別なスズキ「ワゴンR」とは

 過去に全46回にわたって開催されてきた自動車の見本市「東京モーターショー」が、今回新たにジャパンモビリティショー2023(以下、JMS2023)へ生まれ変わります。

 JMS2023の会期は2023年10月26日から11月5日まで(一般公開は10月28日から)で、東京ビッグサイト(東京都江東区)を中心に開催されます。

 自動車業界の枠を超えて、他産業やスタートアップ企業なども参画し、東京モーターショーを上回る400社以上が出展・参加する予定です。

 スズキは開催目前となる10月3日、JMS2023の出展概要を発表しました。出展テーマは「世界中に、ワクワクの、アンサーを。」です。

 スズキでは今回のブース展示について、次のように紹介します。

「『将来のカーボンニュートラルにむけたスズキの多様な取り組みを、スズキらしいモビリティやサービスでお客様にお届けする』というメッセージとともに、楽しさ(ワクワク)を体感いただけるブース展示や演出とします」

 スズキブースでは、四輪車、二輪車のコンセプトモデルに加え、次世代モビリティ、船外機など、総合モビリティメーカーとしての技術を結集し、人々の生活に寄り添う多彩なモビリティを提案するといいます。

 またスズキの海外における様々なカーボンニュートラルに向けた取り組みのひとつとして、スズキが市場シェアトップを誇るインドでのCBG事業の紹介も行います。

 CBG(Compressed Biomethane Gas)とは圧縮バイオメタンガスを指し、牛のフンを原料とした地産地消型のカーボンニュートラル燃料です。

 牛10頭の1日の牛フンが、およそクルマ1台の1日分の燃料に相当するとスズキでは説明します。

 さらに製造過程で農業用の有機肥料も製造でき、農場の土壌改質にも役立てるといいます。

 2022年から始まったインドでのCBG事業を通じて、温室効果ガスの排出抑制やエネルギー自給率の向上に加え、農村の所得向上や雇用創出、女性の社会的地位向上といった、さまざまなサスティナビリティへの貢献を図っているのです。

【画像】「えっ…!」 これが「牛のフン」で動く「ワゴンR」です! 画像で見る(50枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー