スズキ新「ワゴンR」シリーズを発表! 価格改定で7.7万円アップ 約127万円から

2023年10月2日、スズキは「ワゴンR」シリーズを一部改良し、10月12日より発売すると発表しました。

5速MT車はラインナップから消滅か

 スズキは2023年10月2日、軽自動車「ワゴンR」「ワゴンR スティングレー」「ワゴンR カスタムZ」を一部改良しました。10月12日より発売を開始します。

精悍マスクがカッコいい! 写真はスズキ 新型「ワゴンR カスタムZ」
精悍マスクがカッコいい! 写真はスズキ 新型「ワゴンR カスタムZ」

 ワゴンRは、スズキ軽自動車シリーズの中核を担うモデルで、初代は1993年に登場しました。

 軽規格の限られたサイズのなかで、全高を上げスクエアな車体としたことで室内空間を拡大した斬新なパッケージングが支持され大ヒット。その後の軽自動車のスタンダードスタイルとなりました。

 現行モデルは2017年に登場した6代目で、ワゴンRに加えカスタム仕様のワゴンR スティングレーを設定。マイルドハイブリッドを搭載し、パワートレインの低燃費化を図ったほか、先進運転支援機能「デュアルセンサーブレーキサポート」も機能向上を果たしました。

 2022年8月には、デザイン変更を伴うマイナーチェンジを実施し、この際に新シリーズのワゴンR カスタムZも設定されています。

 今回実施された一部改良では、ワゴンRシリーズのCVT車について、「後退時車両直後確認装置」に関する法規対応に伴う一部仕様変更を実施しました。

 また、仕様変更や原材料価格の高騰への対応として、メーカー希望小売価格も改訂しています。

 新型ワゴンRシリーズの販売価格(消費税込み)は以下の通り。

 新型ワゴンRは、126万6900円から158万6200円まで、新型ワゴンR スティングレーは176万5500円から188万8700円まで、新型ワゴンR カスタムZは155万1000円から183万3700円までです。

 全モデルで、従来に対し7万7000円のアップとなります。

 なお従来、ワゴンRに設定されていた5速MT車は今回の一部改良に含まれておらず、スズキの公式ウェブサイト上からもラインナップが外されています。

※ ※ ※

 福祉車両「ウィズ」シリーズ「ワゴンR 昇降シート車」「ワゴンR カスタムZ 昇降シート車」も同様の改良を実施しています。

 価格(消費税非課税)は150万8000円から175万8000円です。

【画像】「精悍」軽ワゴン! スズキ「ワゴンR」を画像で見る(21枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. MC系が1番

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー