もはや「部屋」を超えた!? 「車中泊」はオシャ内装のコンパクトSUVでも可能? ホンダ「ヴェゼル」なら星空眺めての「ゴロ寝」もOK!

2021年のデビュー以来、長い納車待ちを伴うほどの人気を集めるホンダのSUV「ヴェゼル」は、わずか4.3m級のコンパクトサイズながら「車中泊」も楽しめるほどの優秀なパッケージングを備えています。

全長4.3m級のコンパクトSUVでも「車中泊」は十分にできる!

 気ままな旅のスタイルの「車中泊」が密かな人気で、キャンピングカーの販売台数も上昇しているといいます。
 
 しかし特別なクルマでなくても車中泊は十分に可能で、なかでも全長4.3m級のコンパクトSUVのホンダ「ヴェゼル」は、こうした用途にも対応する高い機能性や装備を揃えているクルマとして注目されます。

オシャな内装で車中泊も楽しめる? 「解放感」バツグンなホンダ「ヴェゼル PLaY」
オシャな内装で車中泊も楽しめる? 「解放感」バツグンなホンダ「ヴェゼル PLaY」

 コロナ禍を境に、密を避け自由な旅を楽しめるとして、気ままな車中泊の旅を楽しむ人が増えているといいます。

 キャンピングカーの普及促進を図る日本RV協会(JRVA:ジャルバ)が2023年2月に発表した「キャンピングカー白書2023」によると、2022年のキャンピングカー販売総額は、対前年比120%の伸びとなる過去最高の762億円超えを達成。

 国内キャンピングカーの累計保有台数も過去最高の14万5000台を記録し、キャンピングカーや車中泊の文化が拡大中であることを示しています。

 車中泊を楽しめるクルマというと、ベッドの設置など専用にカスタマイズされたキャンピングカーをはじめ、大柄で四角い車体を持ち、室内空間の広いワンボックス型バンやミニバンなどが思い浮かびます。

 しかし自動車メーカーではこうした需要の広がりを受け、様々なクルマでの車中泊対応を想定しています。

 2021年4月に刷新されたホンダの2代目ヴェゼルも、そうしたなかの1台です。

 ホンダの開発者はヴェゼルが目指す価値について、次のように話しています。

「日常生活の質の向上を重視し、アクティブで新しいものにオープンな人々に向けて、実用性だけでなくプラスアルファの体験価値を提供することを目指して開発しました」

 2代目ヴェゼルのボディサイズは、全長4330mm×全幅1790mm×全高1580-1590mm、ホイールベースは2610mmと、コンパクトサイズを維持します。

 パワートレインは、1.5リッターの2モーターハイブリッド「e:HEV(イーエイチイーブイ)」と、1.5リッターガソリンモデルが設定されています。

 軽量でコンパクトなボディによる取り回しの良さや、低燃費といった初代ヴェゼルの美点を継承しながらも、2代目ではパッケージングに工夫を凝らし、クラス平均を超える室内の広さと居心地を実現したと、同社では説明します。

 一方でクーペ風のプロポーションとし、スマートなスタイリッシュさも併せ持っています。

 室内も「抜け感」を意識したという視界の良さを確保することで、取り回しの良さとともに、狭さを感じさせない工夫も加えられているのも特徴です。

 ホンダが2代目ヴェゼルを発表した際の資料には、パッケージングの概念図などが載せられていますが、後席シート前倒し時に荷室長が約190cm確保されたことを示す荷室の空間イメージ図には、人間が寝転んだ様子もしっかり図案に盛り込まれていました。

 開発時、ユーザーの車中泊シーンをしっかりと想定していたことが伝わってきます。

【画像】「星空がよく見える!」 人気過ぎるホンダ「ヴェゼル PLaY」を画像で見る(23枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー