モータースポーツ界注目の日本人ドライバー! 勝田貴元選手ってどんな人? 世界で活躍するトップ選手の生い立ちとは?

TOYOTA GAZOO Racing(TGR)ワールドラリーチームに所属している勝田貴元選手は、どのような人物なのでしょうか。

ラリー界注目の日本人トップドライバー 勝田貴元選手とは

 TOYOTA GAZOO Racing(TGR)ワールドラリーチームに所属している勝田貴元選手は、昨年に引き続いて「ラリージャパン」をはじめ、WRC(FIA世界ラリー選手権)での活躍が期待されています。
 
 今シーズンの第9戦では総合3位を獲得するなど、モータースポーツ界では注目の若手選手ですが、一体どのような人物なのでしょうか。

愛知県長久手市出身の勝田貴元(かつた たかもと)選手
愛知県長久手市出身の勝田貴元(かつた たかもと)選手

 モータースポーツのなかでももっとも過酷ともいえるラリー競技は、屈指の人気を誇っています。

 その世界大会であるWRCで注目の的ともいえる選手が、トヨタのラリートップチームTGRワールドラリーチームに所属している日本人ドライバー、勝田貴元選手です。

 2022年、12年ぶりに日本で開催されたWRC日本大会「ラリージャパン」では総合3位で表彰台に立ち、2022年シーズンのドライバー選手権5位を獲得。さらに2023年シーズン第9戦「ラリー・フィンランド」でも総合3位を獲得するなど、その活躍ぶりはモータースポーツファンからは外せない存在です。

 そんな勝田選手ですが、1993年3月に愛知県長久手市で産まれました。

 国内ラリーのパイオニア的存在ともいえる祖父・勝田照夫氏と、全日本ラリー参戦経験のある父・勝田範彦氏を持つラリー一家に生まれました。

「もともと、祖父(勝田照夫氏)がやっているチューニングショップがあり、物心がついたころからクルマがそばにありました。

 なので、スポーツカーとか競技車両、ラリー競技は近くにあった環境で育ちました。本当に小さい頃からクルマは好きでした」

 そうした環境で育ったことから、クルマは身近だったようですが、実はもともとラリードライバーになることは目指していなかったといいます。当時はどんなことに夢中だったのでしょうか。

「最初幼稚園から小学校中学年にかけてはBMX(自転車競技)に熱中していて、小学校高学年では部活でサッカーをやっていたので、元はサッカー少年でしたね。

 クルマは好きだったんですが、免許取ったらクルマに乗ってお父さんみたいなことをするのかな?くらい、(ラリードライバーが)夢で絶対になるとか全く思っていなくて。それよりも自転車やサッカーに夢中でした」

 クルマに興味がある「サッカー&BMX少年」時代を過ごした勝田選手。では、モータースポーツに目覚めたきっかけは何だったのでしょうか。

「モータースポーツのキャリアはレーシングカートからスタートしました。はじめたのは12歳、小学校6年生の頃なんですね。

 たまたま父(勝田範彦氏)が友人と乗ってきたレーシングカートが子どもも乗れるということではじめてその存在を知りました。

(遊具の)ゴーカートには乗ったこともあるんですけど、レーシングカートに1回乗ったらずっと乗っていたいと思うくらい本当に楽しくて。そこから熱中して『カートって走るだけじゃなくレースがあるんだよ』っていうところを知りました」

 モータースポーツ界では、幼少期から一流ドライバーを目標に掲げ、カートに乗って技術を学んでいくのは一般的ともいますが、勝田選手は少し違っていました。

「実をいうと(モータースポーツ)業界のなかで(カートを始めたこと)は結構遅いほうで、F1を目指す子とかはもう3歳とか4歳から乗っているとか、早い歳から始めるんですけど、僕は小学校6年生のときにたまたま始めただけでした。

 ただ、出るからには勝ちたいとか、そういう思いが強くなって、そこからどっぷり浸かっていきましたね」

幼少期の勝田選手はクルマやモータースポーツが身近だった(画像:勝田貴元公式X(@TakamotoKatsuta)より)
幼少期の勝田選手はクルマやモータースポーツが身近だった(画像:勝田貴元公式X(@TakamotoKatsuta)より)

 元々サッカーやBMXでも「負けず嫌い」の性格が人一倍強かった勝田選手は、カートの世界でもその性格をフルに出し切っていきます。

「カート始めて2年くらいのときはもう本格的にやっていて、全日本ジュニア選手権というカテゴリに出場していたんですが、その頃になっても正直プロのレーシングドライバーになるっていう意識はあまりなかったです。

 とにかく眼の前の試合とかレースに優勝する、とにかく勝ちたいっていう気持ちばっかりだったので、同年代のドライバーのように将来目指しているという感じではなかったです」

 しかし、思春期ごろから徐々にプロへの意識も向き始めたといいます。

「結果的には15歳くらいで(モータースポーツ活動を)支援してくれる色々なスカラーシップがあって、そこで自分の将来を考えるようになり、ちょっとずつ何やりたいのか、そのために何をすべきなのかなということを考え始め、目標も見えてきました。

 カートを始めて、プロを意識しはじめてからはF1とかGTとか、スーパーフォーミュラとかレースのことを考えていましたが、それでもまだラリーのことは視野に入っていなくて、とにかくレース1本でした。

 なので、祖父とか父に『ラリーいつやるのか?』とかいわれても、『多分やらない。1回やってみたいけど、(ラリードライバーではなく)レーシングドライバーでプロになりたい』ということを当時言っていましたね」

【画像】勝田選手の活躍がスゴい! ド迫力のラリー競技を画像で見る(32枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2 3

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー