全長約5.3m!トヨタ新型「最大級SUV」登場! 鮮烈オレンジ&ド迫力「真っ黒仕様」が追加! 新「セコイア」2024年モデル米で発表

トヨタ米国法人は2023年8月30日(現地時間)、大型SUV「セコイア」2024年モデルを発表しました。どのようなモデルなのでしょうか。

ド迫力の「黒仕様」&「ダークオレンジ」が追加

 トヨタの米国法人は2023年8月30日(現地時間)、「セコイア」の2024年モデルを発表しました。
 
 新たに「ナイトシェード パッケージ」および「TRDオフロードパッケージ」が追加され、一部グレードで新色が用意されました。

2024年モデルの「セコイア」
2024年モデルの「セコイア」

 セコイアは主に北米市場で展開されているフルサイズSUVで、初代が2000年に登場。現行モデルは2022年に発売された3代目となります。なお、プラットフォームなどはフルサイズピックアップ「タンドラ」と共通しています。

 セコイアの名称は、アメリカに自生している世界一の高さに成長する巨木の名前で、トヨタ最大のSUVであることから採用されたといいます。

 ボディサイズは全長5286mm×全幅2022mm×全高1885-1974mm、ホイールベースは3099mmと、かなり大柄なボディを持ちます。

 3代目では、プラットフォームが一新され「TNGA-F」を採用したほか、サスペンションなどを改良することで、けん引性能とハンドリング性能、乗り心地を高めました。

 エクステリアはタンドラと共通する大型のハニカムグリルやくさび形のヘッドライト、大きく張り出した前後フェンダーが筋肉質でタフな印象を感じさせ、上級グレードではグリルやドアミラーカバー、サイドモールなどにメッキ加飾を取り入れることで存在感を高めています。

 パワートレインは、3.5リッターV型6気筒ツインターボエンジンにモーターを組み合わせるハイブリッド「i-FORCE MAX」を用意。システム最大出力は437馬力・最大トルクは583lb ftを発揮。

 組み合わされるトランスミッションは10速ATで、駆動方式はFRと「マルチテレインセレクト」搭載のパートタイム4WDを用意。これにより、最大けん引性能は9520ポンド(約4318kg)を誇るといいます。

 今回登場した2024年モデルでは、20インチホイールやフェンダーアーチ、フロントグリル、ドアミラー、エンブレム類がブラックアウトされて存在感を強めたナイトシェード パッケージが「リミテッド」グレードに新設定されました。

 また、上級モデル「プラチナム」グレードにはオールテレーンタイヤや専用ショックアブソーバー、デフロックなどを装備し悪路走破性を向上させる「TRDオフロードパッケージ」が選択できるようになっています。

 さらに、もっともタフな「TRD PRO」グレードにダークオレンジの新色「テラ」が追加されました。

 セコイア2024年モデルの価格は6万875ドル(約888万円)から8万865ドル(約1179万円)に設定されています。

【画像】「ランクル超え」の迫力ヤバすぎる! トヨタ“最大SUV”「タンドラ」の画像を見る(83枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー