新車最高額の“43億円”超え⁉ 新型「“ビッグ”クーペ」初公開! 上品レッド&豪華内装がイイ! ロールスロイス「ラ・ローズ・ノワール・ドロップテール」が米に登場

2023年8月20日、ロールス・ロイスは、「モントレー・カー・ウィーク2023」にて、オープン2シーターの「ラ・ローズ・ノワール・ドロップテール」を初公開しました。どのようなモデルなのでしょうか。

ロールス・ロイスの新型「超ド級高級車」初公開

 2023年8月20日、ロールス・ロイスは、米国カリフォルニアで開催された世界的な自動車イベント「モントレー・カー・ウィーク2023」にて、オープン2シーターの「ラ・ローズ・ノワール・ドロップテール」を初公開しました。
 
 ゴージャスかつ、溢れんばかりの気品を詰め込んだこの“超”高級車はどのようなモデルなのでしょうか。

43億円超え!? ロールスロイス新型「ラ・ローズ・ノワール・ドロップテール」
43億円超え!? ロールスロイス新型「ラ・ローズ・ノワール・ドロップテール」

 世界中のセレブに愛用される超高級車を多数輩出してきた、イギリスが誇るラグジュアリーカーメーカー「ロールス・ロイス」。

 今回そんなロールス・ロイスが、モントレー・カー・ウィーク2023で公開した新型ラ・ローズ・ノワール・ドロップテールは、ロールス・ロイスの中でも、さらに格調高い車両を作成する部門「コーチビルド」が手掛けたもの。

 世界を舞台に活躍するある一族に向けたワンオフ車両であり、依頼主一族の経験や重要なモーメントなどを凝縮して表現しているそうです。

 インスピレーションを受けたのは、依頼主の母親が愛したフランス原産の花「ブラック・バッカラ・ローズ」。

 この花は日陰では黒に近い色合いですが、日光を浴びると光沢のある赤い色になるそうです。その色合いをエクステリアで表現するため、表面仕上げのチームは新しい工程を開発し、150回の入念な繰り返しを行った上で塗装しています。

 ハード・トップは特注品で透過率を変更できるエレクトロクロミック・ガラスを使用しており、ボタン1つで半透明の色合いに変更できます。

 そしてインテリアには、外装以上に力が入っています。

 まず車内には、1603ピースのウッド・ベニヤの三角形を使用しており、その内、533ピースを赤く染め、舞い落ちるバラの花びらを表現しています。その素材には、フランスで調達されたブラック・シカモア材を使用。時間の経過に伴う色褪せを防ぐため、赤いピースの作成にのみ、ペイントを使っています。

 さらに依頼主たっての希望で、車内にはスイスの高級時計メーカー「オーデマ ピゲ」によるワンオフモデルの時計「ロイヤル オーク」が組み込まれています。しかも、ただ搭載されているだけではなく、ストラップに付けて持ち運びが可能です。

 その他、2つのシートの縁には、ダークレッドのミステリー・レザーとライトレッドのトゥルー・ラブ・レザーの装飾を施すなど、どこまでも豪華な作りになっています。そのため、車両全体の製作には約2年の期間が必要だったとのこと。

 ちなみにパワートレインには、ツインターボチャージャー付きの6.6リッターV型12気筒エンジンを採用。他のモデルに積まれたエンジンより出力を約30馬力引き上げ、最大トルクは約85.6kgf-mを発揮するなど、他の高級スポーツカーに引けを取らないスペックを誇ります。

※ ※ ※

 細部まで抜かりなく精巧に作られたラ・ローズ・ノワール・ドロップテール。もはや“走る美術品”と言っても過言ではないでしょう。

 それだけに価格も気になりますが、ワンオフモデルということもあり、正確な価格は公表されていないようです。ただ海外メディアの情報によると、最低でも3000万ドル(約43億円)以上になるそうです。

 これが事実だとすれば、同じくコーチビルドが手掛けたロールス・ロイス「ボートテール」の2800万ドル(発表当時のレートで約37億円)を超える、市販車最高額級の1台となります。

【画像】"43億円超え"はやっぱりカッコイイ! ロールスロイス新型「ラ・ローズ・ノワール・ドロップテール」の画像を見る(43枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー