謎の「“サビだらけ”クーペ」が2億円超え!? シートもボロボロ! 窓もバキバキ! 走るかさえ怪しい“キングの1台”が米で超高額落札

2023年8月17日から19日にかけて行われたRMサザビーズ・モントレー・オークションで、サビだらけの1956年製フェラーリ「250 GT Coupe Speciale by Pinin Farina」がオークションに登場。状態は決していいとは言えないこのクルマに、165万5000ドル(約2億4000万円)の値がつきました。なぜなのでしょうか。

とある国王の所有物!?ボロボロフェラーリ「250」が2億円超え!

 2023年8月17日から19日にかけて、RMサザビーズ・モントレー・オークションが行われました。その中で登場したのが、1956年製造のフェラーリ「250 GT Coupe Speciale by Pinin Farina」です。

 落札金額は165万5000ドル(約2億4000万円)と超高額ですが、見た目はボロボロ、状態は決して良いとは言えない状況ですが、なぜ高値が付けられたのでしょうか。

王様のフェラーリなの…? 約2.4億円で落札されたフェラーリ「250 GT Coupe Speciale by Pinin Farina」(Photo:RMsothebys)
王様のフェラーリなの…? 約2.4億円で落札されたフェラーリ「250 GT Coupe Speciale by Pinin Farina」(Photo:RMsothebys)

 フェラーリ「250 GT」は、同社の公道向けモデルとして、1950年代から60年代にかけて生産されていたモデル。複数のバリエーションがありますが、今回出展された車台番号「0469GT」は1956年に製造されたクーペモデルとなります。

 オークションの概要によれば、この車両は珍しくピニン・ファリーナによって作られた個体とのこと。もともとピニン・ファリーナが生産する契約を結んでいたのは、オープンカータイプの「250 GT カブリオレ」でした。

 しかし世界に4台だけ、ピニン・ファリーナの作成したクーペタイプの「250 GT」があり、その内の1台が今回の車両になります。

 そんな貴重なモデルを所有していたのが、先々代のモロッコ国王であるムハンマド5世。同氏はかなりのクルマ好きであり、さまざまな車両を所有していたとされています。

 1960年代になると、本モデルは米国のコレクターに所有権が移転。その後も所有者を変えつつ、約50年にわたって保管されていました。

 長い時間が経過しているだけあり、サビだらけでクルマの状態はさほど良さそうには見えません。しかし、この水色のカラーリングは工場出荷時から変化していないようです。また、ピニン・ファリーナのバッジが残っている点などもその貴重性も高めています。

 一見すると、どうしても錆びに目が行ってしまう今回の車両。それでも最終的な落札額は165万5000ドル(約2億4000万円)に達しました。

【画像】本当にボロボロです…2億円超えで落札された“王”の「フェラーリ」を画像で見る(19枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー