城下町とラリーマシンが一緒に見える!? 恵那市で体感する「ラリージャパン2023」の魅力とは

世界最高峰のラリー競技の2023年最終戦となる「ラリージャパン2023」が2023年11月16日から19日の計4日間で開催されます。開催地のひとつとなる恵那市にはどのような魅力があるのでしょうか。

城下町とラリーマシンが融合!? 世界的に有名になった岩村本通りを今年も走る!

 2023年11月16日から19日にかけて「FIA世界ラリー選手権(WRC)フォーラムエイト・ラリージャパン2023」が開催されます。
 
 その開催場所のひとつとして岐阜県恵那市が挙げられますが、どのような魅力がある場所なのでしょうか。

おんな城主「おつや」が居たことでも有名な「岩村城」の六段壁(画像は特別な許可を得て撮影しています)
おんな城主「おつや」が居たことでも有名な「岩村城」の六段壁(画像は特別な許可を得て撮影しています)

 世界ラリー選手権(WRC)は、世界各国を転戦するラリーイベントです。

 2023年シリーズの最終戦となる「ラリージャパン」は、愛知県(岡崎市、豊田市、新城市、設楽町)と岐阜県(中津川市、恵那市)を跨いで開催されます。

 4日間のスケジュールは、16日(Day1)/17日(Day2)/18日(Day3)/19日(Day4)とそれぞれの日に様々な場所で競技が展開されます。

 ラリー競技は、メンテナンス拠点となる「サービスパーク」、競技区間(SS:スペシャルステージ)、SSの間を繋ぐ「リエゾン」でマシンを見ることが可能な上、一般公道を走ることから幅広いユーザーがラリー競技やマシンに触れ合うことが出来ます。

 運営主体は「ラリージャパン2023実行委員会」となり、豊田市と共に恵那市も加わっています。

 恵那市での競技は、19日(Day4)にSS18/20「恵那市SS(Ena City 1/2)」として、観戦エリアは4つ(山岡駅・田沢・恵南林道・明智)で行われます。

 ラリージャパン2022のリエゾンとなったことで世界的にも有名な場所となった「岩村本通り」を今年も走ります。

 このリエゾン会場では、歴史的な町並みを走るラリーカーの観戦やパブリックビューイング、飲食などの出店を予定しているようです。

 恵那市観光協会 岩村支部の担当者は「ラリージャパン2022の時は溢れるくらいの人集りでした。今年も大勢の人に来てもらい、恵那や岩村城周辺の魅力を知ってもらいたいです」と話しています。

 また近隣にある「岩村城址」はおんな城主「おつや」が居たことでも有名で、現在でも残る六段壁は圧巻です。

ラリージャパン2023は恵那市でも開催! 今年もリエゾンで「岩村本通り」を走ります(画像は特別な許可を得て撮影しています)
ラリージャパン2023は恵那市でも開催! 今年もリエゾンで「岩村本通り」を走ります(画像は特別な許可を得て撮影しています)

 山岡駅観戦エリアでは明知鉄道山岡駅周辺を走行するため、タイミングが合えば明知鉄道と並走も期待できる注目のポイントです。

 また直角コーナーも設けられ、最初から最後まで興奮冷めやらぬポイントとなります。

 山岡駅から5分程度の場所にあり、徒歩でも会場入りできるほか、駐車場のある恵那テクノパークからシャトルバスが利用できます。

 なおこの山岡駅観戦エリアに隣接する「イワクラ公園」では、敷地内の駐車場で車中泊出来るプランが用意されており、ここでは車中泊利用者限定観戦エリアでの観戦が可能です。

 またクルマで山岡に訪れた際にぜひとも寄りたいのが「道の駅 おばあちゃん市・山岡」です。直径24mの巨大木製水車や小里川ダムが目印のこの道の駅では細寒天の生産が日本一ということもあり、お土産として人気だと言います。

 田沢観戦エリアでは、のどかな田園地帯を疾走するラリーカーを比較的長く見ることができます。アクセスは恵那テクノパークからのシャトルバスです。

 恵南林道観戦エリアでは、ヘアピンカーブが続く林道を駆け上がるラリーカーを長い時間観ることができる絶好の観戦ポイントとなり、観戦エリアへのアクセスは上矢作中学校からのシャトルバスが利用可能です。

【画像】恵那市には魅力が沢山! どんな場所がある?

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

1 2

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー