全長4m! ホンダの「最小SUV」エアロ仕様がめちゃカッコいい! カスタム「WR-V」尼で公開

ホンダが海外で販売する「WR-V」ですが、インドネシアのモーターショーでカスタム仕様が公開されました。どのようなモデルなのでしょうか。

エアロを装着した「WR-V」がカッコいい!

 ホンダのインドネシア法人は、2023年8月10日に開催されたガイキンド・インドネシア国際オートショー2023において「WR-V」のカスタム仕様を公開しました。
 
 2022年11月にインドネシアで発売されたWR-Vは、先進的な性能と技術を持つホンダらしいSUVのキャラクターに、よりコンパクトなデザインとスポーティなスタイルを融合させた海外専用モデルです。

エアロを装着したホンダ「WR-V」
エアロを装着したホンダ「WR-V」

 全長4060mm×全幅1780mm×全高1608mmと、日本で販売される「ヴェゼル」の全長4330mm×全幅1790mm×全高1580mm-1590mmと比べて、WR-Vは全幅・全高がほぼ同じですが、全長が270mm短く、ホンダ最小クラスのSUVとして若者やファミリー層を中心に支持されています。

 今回出展されたWR-Vは最上級グレード「RS」グレードをベースに、カスタムカーを手掛ける「ザ・エリート」によってカスタマイズを実施。タフさとエレガントさを備えながら、スポーティな外観を実現しました。

 ボディ下部にはフロントディフューザーやサイドスカート、リアスポイラー、リアディフューザー、マフラーを装着。ホイールやコイルスプリング・サスペンションなども備わり、低重心でスポーティなスタイルとなっています。

 また、ボディにはストライピングデカールが貼られており、レーシーな雰囲気を高めました。

※ ※ ※

 WR-Vのパワートレインには、最高出力121馬力・最大トルク145Nmを発揮する1.5リッターDOHC i-VTECエンジンを採用。これにCVTが組み合わされます。

 通常仕様の最低地上高は220mmを確保し、悪路走破性にも配慮されました。

 さらに、先進装備として安全運転支援システム「Honda SENSING」を「RS」グレードに搭載。スマホ連携にも対応したディスプレイオーディオが全車に標準装備されます。

【画像】えっ、スポーティでカッコいい!エアロ仕様の「イケメンWR-V」画像を見る(31枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー