トヨタ新型「ランクル」価格は? 最高326馬力のハイブリッド搭載で米国に登場 来春導入へ

トヨタの北米法人が、新型「ランドクルーザー」を発表しました。どのようなモデルなのでしょうか。

限定仕様含む3種類を設定

 トヨタの北米法人は2023年8月1日(日本時間2日)、新型「ランドクルーザー」(ランクル)を発表しました。2024年春導入予定です。

トヨタ新型「ランドクルーザー1958」
トヨタ新型「ランドクルーザー1958」

 ランクルは1951年、日本で警察予備隊(現、自衛隊)向けに計画された四輪駆動車が起源のSUVです。米国では1958年から販売されています。

 1990年には都会的なスタイリングを意識した派生モデルの「ランドクルーザープラド」が登場。1996年に90系、2002年に120系、2009年に150系と代を重ね、現在に至ります。

 なお、海外の一部地域では、ランクルプラド(150系)は「ランドクルーザー」の名前で展開されてきましたが、そのうち米国では2021年以来、ランクルシリーズが販売されていませんでした。今回は3年ぶりにライトデューティーの系譜を引き継ぐ新たなランクルが登場します。

 新型ランクルのボディは、TNGA-Fプラットフォームを採用し、従前モデル(200系)よりもシャシーの剛性を高めることでオフロードでの走破性を高めています。

 また、往年のランクルを彷彿とさせるスクエアな印象を継承しており、Aピラーを後退させることで外観を引き締めるだけでなく、運転時の視認性を向上させています。また、フロントオーバーハングを小さくすることで、より接近感を高めています。

 パワートレインは、最高出力326馬力、最大トルク465lb.-ft.を発揮するi-FORCE MAXターボチャージャー付き2.4リッター4気筒のハイブリッドシステムを搭載し、8速ATと組み合わせます。

 グレードは標準タイプの「ランドクルーザー」に加え、「ランドクルーザー1958」と「ランドクルーザー・ファーストエディション」の3種類が設定されます。

 ランクルが北米に上陸した年にちなんだ「1958」は、その象徴である丸型LEDヘッドライトや「TOYOTA」ヘリテージグリル、LEDフォグランプなどを採用。

「ファーストエディション」は、生産開始から2か月間、5000台限定で、2色のツートンカラーの新塗装やオフロード装備を追加した限定仕様車です。

 ボディカラーは、アイスキャップ、ウィンドチルパール、アンダーグラウンド、ブラック、メテオシャワー、トレイルダスト、ヘリテージブルーの7種類から選べます。

 米国向けの新型ランクル(2024年型)は、日本の田原工場と日野工場で生産され、2024年春に米国へ導入されます。

 現地での価格は、5万ドル(約720万円)台半ばからです。グレードごとの価格や燃費などの詳細は、発売日間近に発表されます。

【画像】「丸目」採用! 米国専用のランクル「1958」「ファーストエディション」を画像で見る(30枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. デフロックが前輪にない、MTがない、ショートモデルがない。そして幅が広すぎる。大排気量モデルもない。

    つまらない。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー