存在感スゴい!全長5m超え「新型ラグジュアリーセダン」披露! 7年ぶり全面刷新の反響は? 斬新「青色内装」も注目! 新型「5シリーズ」とは

BMWは新型「5シリーズ」を披露しました。ユーザーからどのような反響があるのでしょうか。

注目のラグジュアリーセダン! 新型5シリーズの反響は?

 2023年7月13日にビー・エム・ダブリューは新型「5シリーズ」を日本でお披露目しました。
 
 ラグジュアリーセダンとなる新たな5シリーズには、どのような反響が寄せられているのでしょうか。

インテリアもお洒落! ラグジュアリーセダン新型「5シリーズ」の反響は?
インテリアもお洒落! ラグジュアリーセダン新型「5シリーズ」の反響は?

 新型5シリーズは今回、約7年ぶりのフルモデルチェンジにより8代目に進化しました。

 初代5シリーズは1972年に登場し、ラインナップでも中核をなすミディアムサイズモデルです。

 新型5シリーズでは、先代からのスポーティなデザインや走行性能という特徴は踏襲しつつ、先進性などを随所に盛り込んでいます。

 ボディサイズ(欧州仕様)は、全長5060mm×全幅1900mm×全高1515mm、ホイールベース 2995mmとなり、その姿は見る者を魅了します。

 第1印象を決めるフェイスデザインには、ツインヘッドライトとBMW伝統のキドニーグリルを垂直方向に拡大することで前方に突き出たシャークノーズ&ロング・ボンネットを採用しました。

 なおキドニーグリルには夜間走行時にライトアップする「BMWアイコニック・グロー」を備えています。

 インテリアでは、「BMWカーブドディスプレイ」という12.3インチインフォメーションディスプレイと14.9インチコントロールディスプレイで構成されるレイアウトがインパネに上手く組み込まれています。

 なお、ドアトリムからインパネに繋がる「BMWインタラクションバー」は、運転席に座ると青く光る仕様になっています。

 デザインに関してユーザーからは「アグレッシブなデザインだね」、「実車見てきたがカッコよすぎ」、「新型5シリーズかっこいいな」という声が見られます。

 注目されるパワートレインでは、ガソリン車/ディーゼル車(共に5シリーズ初48Vマイルドハイブリッドシステムを搭載)、そして電気自動車をラインナップするなど、全モデルが電動車となりました。

 パワートレインに関しては「5シリーズ全部電動車なのかー」、「5シリーズEV凄そう」という声も。

※ ※ ※

 なお新型5シリーズでは、「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」を搭載しており、これは一定条件下においてステアリングから手を離した運転が可能となるものです。

 さらには、車両全方向に対応した「BMWドライブレコーダー」を標準装備。昨今のあおり運転などでも前後だけではなくサイドから幅寄せも見ることが出来ると言います。

 なお、発表時には表参道で展示イベントが開催され、多くのユーザーが見て触れており、多くの関心を集めていたようです。

【画像】えっ凄い、カッコいいです! 存在感スゴいグリル採用! ラグジュアリーセダンを写真で見る!(12枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー