レクサスが全長4.9m級の新「高級SUV」発表! 新たな仕様追加&遠隔駐車可能に!? 「RX350h」を発売

レクサス「RX」にハイブリッド仕様の「350h」が追加設定されます。また、一部改良も実施され、先進安全性能や機能性が向上しました。

2.5リッターハイブリッド車を追加

 レクサスは2023年7月27日、ラグジュアリークロスオーバーSUV「RX」のラインナップに「RX350h」を新たに加え、発売しました。

2.5リッターハイブリッドの新機種「RX350h」
2.5リッターハイブリッドの新機種「RX350h」

 2022年11月のデビュー時、RXには2.4リッターターボ、2.4リッターターボハイブリッド、2.5リッタープラグインハイブリッドの3つのパワートレインが設定されていました。

 今回、最量販である同車のラインナップ拡充のため、2.5リッターハイブリッドを搭載するRX350hが国内導入されます。

 RX350hは、高効率な2.5リッター直列4気筒エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを採用。

 モーターとエンジンの組み合わせによる高いレスポンスや、電池性能を向上させた駆動用電池、駆動力特性を見直したハイブリッドシステム制御を上手く使うことで、気持ちの良い走りと低燃費を高次元で実現しました。

 駆動方式は2WD(FF)とAWDを設定。AWDシステムは、E-Four(電気式AWDシステム)を採用し、発進時や雪道などの滑りやすい路面では後輪をモーターで駆動することにより安定した走行性能が可能です。

 さらに前後駆動力配分を100:0~20:80の間で緻密に制御することで、発進時の加速性能とドライバーの意図する優れた旋回安定性をもたらします。

 また今回、RX350hの追加と同時に、RXの一部改良がおこなわれました。

「RX350」の「Advanced Park」に、専用アプリを操作することで、車外から遠隔操作で駐車・出庫ができるリモート機能を追加。「RX350“version L”」は標準装備、「RX350“F SPORT”」はオプション設定し、先進安全装備を充実させています。

 インテリアイルミパッケージは、足元以外の減光制御を抑制し、アンビエントライトを改良。ワイヤレス充電器は、充電可能エリア拡大など充電機能を向上させました。

※ ※ ※

 一部改良したRXの価格(消費税込)は707万円から901万円、新設定のRX350hは758万円から796万円です。

【画像】「えぇ!」ド派手で爆速!? 斬新すぎる「RX」画像を見る(25枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー